ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの迫力に、 メジャーリーグで活躍中の野球選手も たじたじ


151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)のマンションに、助っ人が登場。


メジャーリーグで投手として活躍する、リュヒョンジンだ。

屈強な体格のリュヒョンジンだが、三つ子の元気さに数時間でダウン。


三つ子たちは、リュヒョンジンの背中に乗る。

最初は、子どもたちを背中に乗せて腕立て伏せを軽くしていたヒョンジン。

だが、疲れを知らない三つ子たちのパワーにすぐに力つきる。

もう腕立て伏せをする気力も失っている。


三つ子たちの服を着替えさせるのもたいへんだ。

三つ子たちはまず、素直に言うことをきかない。

気持ちをそらせ、その隙に服を着替えさせるのがいい、とソンイルグクがアドバイス。


野球のシャツと、キャップをかぶった三つ子たちは、リュヒョンジンとソンイルグクと一緒にカルビを食べに行く。

野球帽のつばを反対にかぶって、テーブルに陣取ったミングクがかわいい。

そして、テーブルについたミングクは、さっそく

 

이모 고기 주세요


イモ(おばさん)、肉ください!

と大きな声で叫ぶ。



もう、慣れたものである。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


 

そのミングクの様子をみて、爆笑するリュヒョンジン。

 

小さいのに、注文のしかたがあまりにも慣れた様子だからだ。

 

ソンイルグクが、

「野球と三つ子とどっちがたいへんと思う?」

と聞くと、すぐに、

「野球の方が楽です」

と答えたヒョンジン。

 

ソンイルグクも、

仕事がどんなにしんどくても、三つ子の世話のことを思えば、レクレーションみたいなものだ

と笑う。

 

一人ならまだしも、三つ子を同時に見るのは、単純に3倍以上の体力と気力を消耗するのだろう。

 

新しいメンバーとして、オムテウンとその娘も登場したが、子どもが一人だと、三つ子の迫力とはまったく違う。

もちろん、一人でも、子育てはたいへんなのだろうが、三つ子の迫力を見ていると、一人娘に向き合うオムテウンは、まだ余裕があるように見えてしまうのだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ