ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが、他のレギュラーメンバーより幸せそうに見える理由 ②


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

俳優ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの子育てをえがくバラエティ番組だ。

 

この番組「スーパーマンが帰って来た」自体は、2013年から始まった。

ソンイルグクと三つ子たちが参加するようになったのは、2014年の7月から。

 

レギュラーメンバーの中でも、ソンイルグクと三つ子の人気はすごい。

 

「スーパーマンが帰って来た」の中でも、三つ子の登場する比率が多くなっている。

 

たいていの子育て番組は、見ていると、「たいへんだな」と思うものだが、この三つ子たちに関しては、

たいへんというよりも、楽しそう、かわいいという気持ちの方が強くなる。

 

それは、なぜか?

 

  ソンイルグクが全然たいへんそうじゃないから?

 

いやそうではない。じゅうぶん大変そうだ。

 

だけど、それは、疲れている感じではない。

 

子育てを楽しもうとして、精一杯とりくみ、そのあとで疲れている、という、当然の流れがあるのだ。

 

三つ子たちの「つきることのないエネルギー」自体が、見る者にパワーを与えてくれる。

 

ソンイルグクのおおらかな性格(番組のインタビューの中で笑うソンイルグクの表情はほんとうにすばらしい)と、もうひとつはすばらしい住環境だ。

 

ソンイルグクの住むマンションは、仁川の松島(ソンド)ニュータウンにあるセントラルパークという高級マンションだ。

 

環境もいい。

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

周囲には、子どもを遊ばせる広い空間や、おしゃれな店がたくさんある。

 

それを見ているだけで、そんな街に住みたくなってくる。

 

また、マンションの室内のインテリアもシンプルでいい。

リビングや子どもたちのプレイルームの壁一面は、全面窓になっていて、その窓からすばらしい景色をながめることができる。

 

ソンイルグクのマンションの室内は、よけいなモノが置かれておらず、シンプルだ。

ソンイルグクは、外では体を動かして子どもたちと遊び、家の中では、飛行機遊びをしたり、絵本の読み聞かせをする。

 

韓国語の絵本の読み聞かせも、ただ読むのではなく、感情をこめて体を使って表現するので、三つ子たちはどんどんノッて来る。

三つ子たちが、どんどん韓国語を覚えていっているのも、ソンイルグクがこのように体を使って子どもたちに絵本を読み聞かせていることが影響を与えているのだろう。

 

ソンイルグクのような子育てをしていたら、きっと、感性が豊かで、好奇心旺盛なすばらしい子どもが育つだろうと思わせる。






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ