韓国ドラマ 「チャンヨンシル」で、ドラマに復帰するソンイルグクが 「スーパーマンが帰って来た」 続投を決意した本当の「理由 」! かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ)のアッパの決断


151115sonilgook




「スーパーマンが帰って来た」


は、ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育て番組だ。



もちろん、ソンイルグク親子だけでなく、ほかにも芸能人の親子が登場する。


だが、なんといっても、一番人気は、三つ子だ。


ソンイルグク自身も、2011年以来、韓国ドラマには出演していない。


実際、俳優ソンイルグクのイメージといえば、

 韓国ドラマ「海神 ヘシン 」

 韓国ドラマ「朱蒙 チュモン」



など、近寄りがたい印象だった。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



それをくつがえし、理想のアッパ(お父さん)として、親しみやすいイメージに変えたのが、


 「スーパーマンが帰って来た」

だった。


今や、ソンイルグクと三つ子たちの元には、たくさんのコマーシャルのオファーが殺到。

三つ子たちが身につけているファッションは、放送直後から問い合わせが寄せられる。


実際、三つ子が生まれた後、1年間は育児に専念したソンイルグクだが、仕事のオファーもなかったという。


そんなソンイルグクに、第2の全盛期ともいわれる活躍をもたらしたのが、この「スーパーマンが帰って来た」だった。


番組の制作陣も、ソンイルグクと三つ子が、この番組のメインになっていることを深く自覚している。


また、ソンイルグクにとっても、「スーパーマンが帰って来た」によって、俳優としてのイメージもかわり、より大衆的な存在になったことを自覚している。


ソンイルグクが、歴史ドラマ「チャンヨンシル」への出演が決まり、「スーパーマンが帰って来た」から降板するのでは、との説が流れた。

だが、最終的にソンイルグクは、


 韓国ドラマ「チャンヨンシル」と「スーパーマンが帰って来た」に並行して出演


することを決定した。


その裏には、ソンイルグクの義理固い性格も作用している。


自分をここまで人気者にしてくれた、番組に対する感謝の気持ちがあるのだ。


ただ、一応、平行して出演が決まったといっても、三つ子たちが、いつまでも「スーパーマンが帰って来た」に出演するとはいえない。


2012年生まれの三つ子たちは、現在3歳。

2016年には4歳になる。


三つ子たちの成長のスピードは早い。


もし、「スーパーマンが帰って来た」に引き続き出演するとしても、あと1年ぐらいが限界ではないだろうか。


番組に続けて出演することが、三つ子たちの成長にあまりよくない、と判断した時が、ソンイルグクと三つ子の降板の時期なのかもしれない。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ