ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 親子で 4キロ マラソン完走 その自由奔放な走りっぷり


151115sonilgook





「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグクは、三つ子(テハン・ミングク・マンセと親子マラソンに参加する。

だが、聡明なミングクは、走る前に、

走ると疲れると思うよ

と語っている。

 

さすが、先を読んでいる。

 

そのミングクの発言を聞いて、思わず笑うソンイルグク。

 

いざ走り出すと、三つ子たちには、ペース配分という考えがない。

他の参加者がゆっくり走っているのを見て、全速力で走りだす。

 

しかも歌を歌いながら。

 

テンション最高、ペース最高、全速力でいきなり走りだす三つ子たち。

案の定、すぐに疲れて遊び始める。

 

子どもにとって、少しずつ走る、というのは、おいしいごちそうをちょっとずつ食べろ、というようなものなのかもしれない。

 

三つ子たちは好奇心のおもむくままに走り、歌う。

やはり、兄弟がいるというのはいい。

三つ子だと、互いが遊び相手になるし、励ましあうことができる。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



三つ子たちが、素直で好奇心旺盛で、天真らんまんなのも、兄弟がいつもそばにいるからなのだろう。

だから、へんに大人びたところがなく、子どもらしい元気さにみちている。

 

そんな三つ子たちにいつも、全身でむかうソンイルグクもすごい。

 

ソンイルグクは、「スーパーマンが帰って来た」の中で、まったく手抜きがない。

いつも、ハイテンションでのぞんでいるのがすごい。

 

逆にいうと、三つ子のパワーに対抗するには、ハイテンションでないと太刀打ちできないのだろう。

子どもは、「遊びの中で成長する」というが、韓国語の力もものすごい速さで伸びている。

 

三つ子たち、それぞれの個性が、時間の経過とともに、さまざまな面であらわれていて、楽しい。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ