ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが、他のレギュラーメンバーより幸せそうに見える理由 ①


151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)が、父と子だけで48時間を過ごす。

俳優として活躍するソンイルグクにとって、月に1回、土日の二日間を、2才の三つ子たちと過ごす、というのは、たいへんなことであることはまちがいない。

 

それにもかかわらず、ソンイルグクが幸せそうに見えるのは、

ソンイルグクのおおらかさ

と、

ソンイルグクと三つ子たちの住環境のすばらしさ

 

にあることはまちがいない。

 

ソンイルグクの性格については、以前からインタビューを通して、あたたかい印象があった。

 

だが、この「スーパーマンが帰って来た」を通して、それが確信に変わった。

 

番組のところどころで、ソンイルグクが一人でインタビューに答えるシーンがあるのだが、その時のソンイルグクの受け答えがとてもいいのだ。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


何でも笑いとばしてしまう豪快さと、その反対に、三つ子たち一人ひとりに気配りをする繊細さがある。

 

特に、つねに三つ子たちが何を求めているのかを観察し、それをすばやく読みとる能力はすごい。

 

三つ子たち一人一人にいつも平等に向き合い、誰に対しても、適当にいい加減に接することがない。

 

他のレギュラーメンバーの中で、ソンイルグクの場合は、まだ幼い「三つ子」と、たいへんさは一番のはずだ。

 

なのに、なぜか楽しそうに見えるのは、ソンイルグク自身が、子育てを楽しんでいるからだ。

 

この番組のテーマである、

 

빨리 가려면 혼자 가고

早く行くなら一人で行き、

멀리 가려면 함께 가라

遠くへ行きたいなら一緒に行け

 

という言葉が実感をもって伝わってくる。

 

子どもがひとりだと、親が二人いれば、他の人の手を借りなくても、なんとか子育てはできてしまう。

だが、三つ子、それもまだ2才から3才の小さな子どもだと、他人の協力を得なければ、子育て自体が成立しない。

 

だからその分、親も子どもも、社会の中で成長するのだと思う。

 

それが、ソンイルグクと三つ子の人気の秘密なのだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ