ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ)はじめての海外旅行で日本へ サランに会いに行く




151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」

三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちは、2才で初めての海外旅行へ。

行先は、東京だ。


「スーパーマンが帰って来た」のレギュラーメンバーである、チュサラン(秋山成勲 )の家をたずねるのが旅の目的。

ソンイルグクの妻が、休暇で日本へ行き、その時にサランの母親に会って、次は三つ子たちと来ます、と約束をしたからだ。


ソンイルグクは、3つ子を乗せた車を運転して金浦空港へ。


バギーに三つ子たちを乗せ、大きなバッグを背負う。

バッグには、3つのヘルメットもぶら下がっている。

それ以外にも大きなキャリーバッグが1つ。


韓国から行く外国の中では距離的に近い日本だが、海外旅行に幼い三つ子を連れて行くのはたいへんだ。


小さい子どもは、飛行機に乗ると、泣いたりすることがあるが、三つ子たちはぜんぜん平気だ。


その理由は、(たぶん)


機内食


があったから。 笑



 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




ソウルと東京ぐらいだと、機内食を食べているうちに着いてしまう感じだ。


もちろん、食欲旺盛な三つ子たちは、

 

機内食をものすごい勢いで食べて、完食

 

三つ子たちがすごいのは、好き嫌いなく、何でも食べるところだ。

 

特に小さい子どもだと、けっこう残したりするが、三つ子の辞書に食べ物を残す、というのはない。

 

残すのは、満腹になった時だけだ。

 

しかも、三つ子たちは、おちょぼ口では食べない。

とにかく、ひと口が、ワイルドだ。

 

これが全部入るの?という限界まで口を大きくあけて、一気に放り込む。

 

このへんの豪快さが気持ちがいい。

 

三つ子たちが、おどろくべき速さで成長し続けているのも、この食欲にあるのはまちがいない。

 

この素質は、確実に、アッパ(お父さん)である、ソンイルグクから受け継いだものだろう。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ