ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 食欲旺盛な三つ子たちを前に ダイエット中のアッパは、がまんの時間


151115sonilgook





「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は、初めて親子マラソンに出場。



元気過ぎる三つ子たちは、ペース配分をまちがい、紆余曲折(うよきょくせつ)があったが、とにかく無事にゴールイン。


3歳の子にとって、4キロはたいへんな距離だ。



途中、マンセがトイレに行きたいと言いだし、マンセを連れて走りまわっていたソンイルグク。


小さい時のようにおむつで済ませるわけに行かないし、大きくなったのでもっとたいへんだ。


走る時でも、三つ子たちは、それぞれ好きな方向に走り出す


マンセは、何とコースを逆走。


それを迎えに行ったミングクとマンセも一緒に遊び出して、レースを忘れている。


そんなハプニングの連続の末、ようやく勝ち取ったゴールインだから、感激もひとしお。


足長おじさんのコスチュームを着た人たちが、ゴールで待ち構えていて、三つ子たちに金メダルをかける。


三つ子たちは、オリンピック選手のように、金メダルを噛む。


そのメダルを噛むしぐさは、なかなか堂に入っている。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 





アッパ(父親)のソンイルグクは、3つ子をおんぶしたり、ベビーカーに乗せて走った時の方がまだ楽だったという。


成長した三つ子たちは、自分の意思をもって、行きたいところへ行くので、制御不可能だからだ。


子どもの成長をよろこびながらも、また別のたいへんさを感じているようだ。



マラソン完走という偉業を成し遂げた三つ子は、レストランへ。


カーマニアの3つ子たち向けのレストランだ。


店内には、いろんな車が置かれている。

壁にも車の絵がえがかれている。


クリームパスタや、ピザ、ステーキなど、ごちそうが次々に出てくるが、ソンイルグクはダイエット中なのかいっさい食べない。



テハンが食べ物をソンイルグクの口に何回か入れる。


ソンイルグクは、


 「ありがとう」


と言っているのだが、食べている感じがない。


そんなソンイルグクのようすをすぐに見ぬいたミングクは、


 「アッパ、口をあけて」


という。

ソンイルグクが口をあけると、口の中はからっぽだ。


ミングクは、

 삼켰나?

飲み込んだの?


と不思議そうな顔をしている。



ソンイルグクは、もともと大食漢で、ダイエットをしないと、すぐに太る体質だという。


だから、韓国ドラマの撮影が近づくと、食事の量を調節して、体重を必死の思いで落とすらしい。


子どもたちがおいしそうに食事を食べるのを見ながら、自分は食べないというのは、ソンイルグクにとっては本当につらいことだと思う。










韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ