ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) たちの成長 ごはんの後片付けも自分で! 3人いると成長スピードは3倍以上


151115sonilgook




「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の48時間。

この番組に、三つ子たちが参加したのは、2014年7月。

三つ子たちが2才になって間もない頃だ。


三つ子たちは家では、キッチンの子ども用のテーブル付チェアで食事をとる。

三つ子たちは、どんなメニューでも、期待マンマンで、食事を待ち、きれいに平らげる。

そして、半年が過ぎ、三つ子たちに変化が。

食事を食べ終わると、

 

턱받이

スタイ (よだれかけ)

 

を自分ではずし、キッチンの所定の位置へ。

食べ終わったプレートやおわんは、シンクへ。

自分できちんと後始末をする。

3人が3人ともだ。

このへんに三つ子の成長を感じる。

 

特に三つ子たちがかわいいのは、何でもおいしそうに食べるところだ。

生きるパワーを感じる。

 

ソンイルグクがカレー(レトルト)を用意しても、

カレーだ、カレー

とうれしそうに歓声をあげるマンセ。

 

食に対する期待感がすごい。

 

やはり、3人だと、すべてが競争になるので、食べることにもどん欲だ。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


自分から主張して、早くたくさん食べようとする。

 

兄弟が多いのはいいことだと、感じる瞬間だ。

 

言葉(韓国語)も、他の兄弟が話しているのを聞いてマネして覚えるので、上達が早い。

また、社会性がある。

 

他の一人っ子のレギュラーメンバーたちと比べて、三つ子たちがしっかりしているのも、

ソンイルグクがつねに三つ子たちに

  ①きちんと言葉がけしていること



  ②礼儀を教えていること



ことが大きく影響しているのだと思う。

 

三つ子たちは、じっと待っていてはダメなのを知っているので、自己主張もすごい。

そして、子どもたちだけの世界がある。

 

3人いる、ということは、子どもにとっては、3倍以上の成長スピードにつながるのだと思う。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ