ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)とサランは、チマチョゴリ・パジチョゴリを着て新年のあいさつ お年玉よりはお菓子が好きな三つ子たち


150915sonilgook-samdooni



「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は、チュサラン親子をマンションに迎える。



サランと三つ子たちは、韓国の民族衣装(チマチョゴリ・パジチョゴリ)を着る。


サランはうれしそうだが、ミングクはふざけて裸で走りまわる。


やっと全員が衣裳を着ても、まったくソンイルグクの言うことをきかない。


イスにすわらず、テーブルの下に全員がもぐりこむ。



そこに、サランのオンマ(母)のSHIHOが登場。



ソンイルグクの

 正月のあいさつをしたらゼリーを上げるよ


という言葉に、三つ子たちは、すぐにその場で、


  95度のおじぎ


をする。笑

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



やはり、三つ子の心を動かすのは、食べ物だ。


三つ子たちは、お年玉よりは、ゼリーの方に関心が集中。


マンセはすでに口をあけてゼリーを待っている。


ミングクは両手を差し出して、

 たくさん下さい


とアピッている。


このへんの行動力はすごい。



サランが帰ると聞いて、三つ子たちはさびしそう。


特にマンセは、

사랑 누나 가지 마세요

 サランヌナ(姉さん)行かないで


と言って、

 
 아빠가 가


 アッパが行けばいい


と言ったりしている。


ミングクも、サランと別れるのがさびしそうだ。



マンセとサランは、以前、東京のサランの家に行った時から仲がよかった。


子どもたちの中にも、気が合うというのがあるのだろう。


マンションのエレベーターの中に消えって行ったサラン親子を見送った三つ子たちの表情は、ぼう然としている。


マンセは、自分も下に行こうと、エレベーターのボタンを押したりしていた。


三つ子たちにとって、サランと過ごした時間は、長く記憶にきざまれるだろう。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ