ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の教育 しっかりとした理念と愛が基本 きちんと叱り、その後で抱きしめる


151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育て48時間。

この番組には、ソンイルグク親子だけでなく、他の芸能人や有名人の親子も登場する。

でも、ソンイルグクと三つ子たちの人気が、その中ではナンバー1だ。

この魅力について考えてみた。

まず、

ソンイルグクがアッパ(お父さん)であること。笑

これは大きい。

イケメンを見たい、というのは、すべての女性の本心ではないだろうか?

次に、

三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが素直で子どもらしくてかわいいこと。

これは、見た人にしかわからないのだが、ほんとうにかわいい。

三つ子たちのかわいさは、

 

といくらでもあげることができる。

 

ソンイルグクは、子育ての方針の基本は、すべて妻が言っていることだ、といつも三つ子たちのオンマ(お母さん)のことをたてている。

 

三つ子たちのオンマは、ソウル大出身のエリートで、現役の裁判官だ。

 

ソンイルグクは、いつも子どもたちを叱ったあとも、抱きしめてキスをする。

いつ、どんな時でも、子どもたちに対する愛情が満ちているのだ。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

151112songilgook2

これは、ひとえにソンイルグクの性格がいいということにつきる。

 

たとえば、ある時、ソンイルグクがキッチンで朝ごはんを作っている時に、テハンが大声で叫んだ。

(三つ子たちがこんな態度をとるのはめずらしいことだ)

そして、次にミングクがおもちゃをソファの上から投げた。

 

この二人の行動に怒ったソンイルグクは、テハンとミングクにそれぞれ自分のイスを持って、隣りの部屋に行かせる。

そして、壁に向かって座らせる。

 

これは、三つ子たちの認知能力がある程度育ってきた頃(3才半ぐらい)から始めたことだ。

静かな部屋で壁に向かって座らせ、5分間の時間を与える。

それによって、自分で考える時間を持たせるのだ。

時間もきちんと5分と区切っている。

 

時間がたつと二人のそれぞれに、さっきとった行動はいけないことだよ、と教えさとす。

そして、その後できちんと抱きしめてキスをする。

 

こんな子育てをしていたら、子どもが素直に育つしかないと感心する。

 

親が瞬間的な怒りでガーガー叱るより、はるかに効果のあるやり方だ。

 

ずっと以前に子育ての本を読んだことがあるが、小さな子どもでも、金切り声を上げて叫ぶのはよくないという。

そういう行動をとった時は、適切に叱らなければならない。

 

ソンイルグクは、テハンのその態度にすぐに気づいた。ミングクに対しても同様だ。

ソンイルグクの子育ては、おそらく育児評論家が見ても100点満点の教育だと思う。

 

叱った後にきちんと抱きしめることもすばらしい。

ただ甘やかすのでもなく、きちんといけないことはいけないと指摘する。

これは誰にでもできることではない。

まして、三つ子だと、子育てだけでもたいへんだ。

その上、こんな風に冷静に向き合えるソンイルグクは、人間としても本当にすごいと思う。







韓国ドラマ ブログランキングへ




ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ