ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)初めての馬 エサをやることからそろりそろりと ミングクはエサをやりながら、そっとニンジンをかじる


151115sonilgook





ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグクは、車に乗って三つ子(テハン・ミングク・マンセ)と馬に乗りに行く。


子どもたちに、馬に乗る楽しさを教えるためだ。


もちろん、いきなり、一回で乗れるようになるとは思っていない。


まず、馬に慣れることが、今回の目的だ。



ソンイルグクも、三つ子たちの前で久しぶりに馬に乗る。


ソンイルグクの乗馬の腕前は相当だ。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

ソンイルグクは、韓国ドラマ「チュモン 朱蒙」でも、馬を乗りこなしていた。



歴史ドラマの馬に乗るシーンで吹き替えを使う俳優も多いが、ソンイルグクの場合は吹き替えなしだ。


馬に乗りながら、矢を射ることもできるほど。


だが、そんなソンイルグクでも、久しぶりの乗馬なので、ペースをつかむのに少し時間がかかる。


子どもたちは、ベンチにすわって、アッパ(お父さん)のソンイルグクが馬に乗る様子を心配そうに見守っている。


最初は慣れなかったが、だんだん調子を取り戻したソンイルグク。


子どもたちのアッパを見る瞳が、キラキラと輝いている。


その後、三つ子たちは、小さな馬にニンジンやリンゴのエサを与える。


マンセは、こわがらず、自ら、柵の中に入ってエサをやっている。


ミングクは、こわごわだ。


ニンジンのスティックを渡しながら、自分でも食べているところは、食いしん坊のミングクらしい。


ミングクは、やはりまだ馬がこわいのか、柵の外から、リンゴのかけらを馬の足もとに投げている。


そして、馬と離れたところから(←ここポイント)

 りんごを食べなさい!

と声を張り上げる。


ミングクの声も、ソンイルグクに似て、よく通る声だ。


三つ子たちは、3人三様だ。


マンセは、馬やソリはこわがらない。


車に乗ると、まず、運転席でハンドルを握ろうとする。


皆がそれぞれに個性があるところが、三つ子のおもしろさだ。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ