ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 韓国 かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 都会っ子は泥んこ遊びが苦手?


151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」


いつも、番組の中で新しい経験に挑戦する三つ子たち。


今回は泥の浜(갯벌)を訪れる。

子どもは泥んこ遊びが好きなので、喜ぶだろう、というのがソンイルグクのもくろみだ。


ソンイルグク自身も、初めてだという。


ソンイルグク自身、スポーツ万能ではあるが、都会育ちなのだ。


泥の浜は滑りやすく、歩くのもたいへんだ。


ソンイルグクは、三つ子たちを大きなたらいに一人ずつ乗せる。

たらいは、三つが連結されている。


三つ子たちの表情は、ワクワクどころか、不安にみちている。


ソンイルグクは、いつものように気合いを入れて、たらいを引っ張る。

だが、たらい三つをつないでいることと、三つ子の体重という変数、泥の浜のおうとつ条件が重なり、いちばんうしろのたらいがひっくり返ってしまう。


大泣きする子どもたち。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


他の家族連れを見ると、子どもたちは、泥だらけになって、ケラケラ喜んでいるが、都会っ子の三つ子たちには、泥は気持ち悪いようだ。


三つ子たちは気乗りしないまま、不安な表情で浜の奥に進む。


小高い丘のように盛り上がったところまで行き、マンセとソンイルグクは、そこから下にすべる。


マンセは少しこわがっていたが、それほどいやそうでもない。


後の方では、自分で泥にまみれて遊んでいる。


テハンとミングクは、顔をしかめたままたらいの中から動こうともしない。


ソンイルグクも全身が泥だらけになっている。


ソンイルグクは、サワガニを見つけ、それを手にもって、ミングクとテハンに見せている。

  게 안녕

カニさん、こんにちは


って言うんだよ

とソンイルグクが何回も顔に近づける。


最初はいやがっていたミングクも、

 
  게 안녕

カニさん、こんにちは


と言っている。


こういう素直なところが三つ子のかわいいところだ。


動物を見ても、いつもソンイルグクが、馬なら

  馬さんこんにちは


って言うんだよ

と言っているので、あいさつをするのが習慣になっている。


結局、マンセ以外は、泥遊びはいやがったので引き返し、水道の水(お湯)で全身を洗う。


この洗い方は豪快だ。

ミングクもテハンもようやく泥を洗い流せるのでうれしそう。

蛇口から流れる激しい水圧のお湯を豪快に浴びる三つ子たちの様子に、皆が笑っている。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ