ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)のベビーチェアが大人気! ドイツ・HAUCK製 入荷するたびに韓国で「완판 完売」で売り上げ2倍に





160106superman

「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)がこの番組のレギュラーとして参加したのは、

2014年 7月。

たちまち、三つ子は人気者となる。

三つ子の楽しみはなんといっても食事


その食事の時に登場するのが、

ベビーチェア

である。

このベビーチェアは、天然木の感じがステキだ。

 

ソンイルグクと三つ子が住むのは、仁川市松島(ソンド)ニュータウンにある高層マンション

そのキッチンには、3台のベビーチェアがある。

三つ子たちは、食事の時間になると、自分たちでイスに上って食卓に着く。

 

だから、「スーパーマンが帰って来た」を見ている視聴者にとって、このベビーチェアはとてもなじみのある存在だ。

このチェアは、

ドイツのベビー用品メーカー・HAUCK社製

である。

このホークベターベビーチェアは、三つ子の人気とともに、売れ行きも伸びた。

 

HAUCK社製のベビーチェアは、2014年3月から10月にかけて7回にわたり入荷し、入荷するとすぐに完売(완판)を繰り返す。

前年度(2013年)に比べて2倍以上の売り上げ増を記録したという。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


160106hauck

韓国のサイトを見ても、「スーパーマンが帰って来た」を見て、同じ年ごろの子どもをもつ親たちが、このベビーチェアを購入しているのがよくわかる。

 

このベビーチェアは、脚が、アルファベットのAのかたちになっていて、子どもの体重を均等に受けとめるようなつくりになっている。

生後6ヶ月から10才(体重40キロ)まで使用できるという頑丈なつくりだ。

 

ヨーロッパ産の天然木が使用された、やさしい色合いが特徴だ。

テーブルの部分も広くてしっかりしている。

 

三つ子たちはいつも3つのチェアで横に並んで食事をとるのだが、東京からサランが遊びに来た時は、サランのために、4台目のチェアが準備されていた。

三つ子たちが使用するベビー用品は、メーカーの協賛品ではなく、ソンイルグクと三つ子のオンマ(お母さん)がひとつひとつ選んだものばかり。

インテリアも、ベビーグッズも、ナチュラルでデザインがステキな製品が多くて、見ていて楽しい。

 

三つ子たちのマンションのインテリアはとてもシンプル

ほかの芸能人の家に出てくる、たくさんのおもちゃや大型テレビは、三つ子たちがふだん遊ぶ空間には登場しない。

 

ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)自体が、ひとつのブランドにまでなったのも、そんなところも影響しているのだと思う。

 

三つ子たちが食事の時につける

턱받이

スタイ(よだれかけ)

ですら、デザインがステキで、センスのよさを感じさせる。

 

過剰でなく、スッキリとしているインテリアと、三つ子たちのベビーグッズ、ファッションが、トータルで人気の秘密になっている。

ソンイルグク自身の感覚がすぐれていることの証明でもある。








韓国ドラマ ブログランキングへ






ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ