ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) とチュサランの再会 48時間のスケジュールは強行軍 サラン親子はチャスンウォンと夕食をとる


151115sonilgook




「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の48時間。

この番組のコンセプトは、有名芸能人たち(アッパ-父親)が子どもと48時間子育ての時間を過ごす、というもの。

ソンイルグクの場合は、妻が現役の裁判官なので、あえて週末の土日の二日間で撮影を行う。

これを3週間に1回繰り返すわけだ。

48時間という制約があるため、その間にイベントを入れると、どうしても強行軍になる。

日本からチュサラン親子が、ソンイルグクと三つ子たちの仁川市松島(ソンド)ニュータウンにあるマンションを訪れる。

サラン親子は、ソンイルグクの家を訪問する前に、俳優のチャスンウォンと夕食。

チャスンウォン(韓国ドラマ「ファジョン 華政」「最高の愛」)とサランのアッパ(父親)であるチュソンフン(秋山成勲)は、

韓国ドラマ「アテナ ATHENA 」(チョンウソン・スエ・イジア

で共演してから親しく付き合っている関係だという。


【12/31 10時から1/4 10時まで★全品ポイント10倍★☆期間限定】ATHENA アテ…


チャスンウォンは、サランに、人形のおもちゃをあげて機嫌をとる。

その会食後にソンイルグクの家を訪れる。

三つ子たちは、カレーの夕食を終えて、部屋の飾りつけをして待っている。

時間はすでに午後9時を過ぎている。

サランたちは、

붕어빵

タイ焼き

のお土産を持ってやってくる。

 

それを食べた後、遊びまわる三つ子たち。

もちろん、マンセとサランが一番の仲良しだ。

 

遊んで風呂に入るともう就寝時間だ。

 

次の日もソンイルグクは、朝早く起きて朝食の準備をする。

朝から、手作りの栄養たっぷりの食事を準備。

 

サランのアッパの秋山には、肉を焼いて出す。

ソンイルグクは肉は食べない。

 

格闘家の秋山も、3つ子たちの食事の量には驚く。

 

「朝からこれだけの量を食べるのですか?」

 

とソンイルグクに聞いている。

 

最近は、夜更かしをして、朝は食欲がない子どもが多いというが、つねに丸一日エネルギーをフルで消費している三つ子たちには、そんな現象は無関係だ。

デザートのみかんと韓国の伝統菓子を食べる子どもたち。

やっぱりミングクは、

과자 더 주세요

お菓子をもっとください

とお代わりを何回も要求している。

 

食べる時は、おとなしく静かな三つ子たちだ。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ