ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 言葉づかいがていねいなのは、日頃の教育のたまもの


151115sonilgook




「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグクと韓国の人気者の三つ子(テハン・ミングク・マンセ)。

人気の秘密は、三つ子たちが礼儀正しいことと、言葉づかいがていねいなことだ。


ふだんからソンイルグクは、外に出かけても、道行く人に、

 안녕하세요 アンニョンハセヨ

といつもあいさつしている。


そして、子どもたちにもいつも、

 あいさつしなさい

と言っている。


言葉づかいもそうだ。


ふつう、韓国でも幼児は、自分の父親のことを

 アッパ

と呼んで、

 アボジ

とは呼ばないものだ。


だが、三つ子たちは成長に伴って、時々、ソンイルグクのことを

 アボジ

と呼んだりしている。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



それは、ソンイルグクが普段の生活の中で、正しい言葉づかいを常に教えているからだ。


子どもたちが、

 ちょうだい


と言うと、

 「お父さん、 ○○ 下さい」って言うんだよ


と教える。


そうすると、子どもたちはすぐに、そのソンイルグクの言葉をまねする。


そうしながら、言葉づかいを覚えているのだ。


ソンイルグクは、とても優しいが、子どもたちが悪いことをした時は、厳しく叱る。


だが、その後にはきちんと抱きしめてフォローする。


しつけのしかたも理にかなっている。


ただ大きな声を張り上げて怒りにまかせて叱る、というやり方ではない。

きちんと言葉で説明する。

そして、三つ子たちがある程度大きくなってくると、三つ子たちにイスを持たせて誰もいない部屋に行かせ、壁を向いて5分間すわらせる。


その後は、きちんと抱きしめてキスをする。


時間を5分と測っているところもすごいし、感情的でなく、理性的に教えさとす、というのもすばらしい。


三つ子たちがすくすく育っているのは、ソンイルグクが甘やかすのではなく、愛情を注ぎながらも、きちんと教育しているからだ。


ただ、ベタベタするのが愛情とカン違いしている親が多い中、この姿勢は立派だと思う。


特に三つ子だと、子育てだけでもたいへんなので、適当になりそうなものだが、それを見のがさず、きちんとしつけるのはすごいと思う。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ