ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の中に序列あり?礼儀正しく、ていねいな韓国語を話せる秘密


151115sonilgook





「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は韓国の人気者だ。


観察していると、3人子どもがいると、そこに一つの社会が生まれる。


三つ子たちの力関係を見ているとおもしろい。


ある時、ミングクが掃除機をさわっていた。

ハンディな掃除機だ。

それを見たマンセが、ミングクに貸してくれという。

だが、ミングクは絶対に譲らない。

マンセが掃除機を取ろうとすると、力で押しのける。


マンセもすぐに退散。


以前、外で車のおもちゃに乗っている時も、ミングクはマンセには絶対に譲らなかった。


だが、テハンが来るとすぐに代わってあげていた。


今回はどうなのか。


テハンがミングクのところに来て、掃除機を貸してというと、すぐに譲っている。


後から、またテハンのところに来て、「ミングクのだよ」と一応言ってはみるが、それほど強く押す感じではない。


アッパ(父親)であるソンイルグクによると、3つ子の中で、ミングクがいちばん力が強いという。


ミングクは、マンセには絶対に勝つと思っているので譲らないのだ。


ただ、長男であるテハンに対しては、一目置いているところがある。

2才か3才の小さな子どもの中にも、そんな力関係があるのがおもしろい。


テハンがいつも、長男として、弟たちにいろんなことを譲ってきているので、ミングクはそれをわかっているのかもしれない。


三つ子たちはどこでも礼儀正しい

あいさつもきちんとするし、言葉づかいもていねいだ。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



それは、ソンイルグクが、つねに正しい韓国語の言葉づかいを教えているからだとわかった。


たとえば、ソンイルグクがじゃがいもを蒸したものを、ひとつずつ皮をむいて三つ子たちに食べさせる。

まず、マンセにじゃがいもを渡す。


それを見ているミングクが、

 僕にもちょうだい

というと、

 아버지 감자 주세요

アボジ じゃがいもください


って言うんだよ


と教えている。


日頃から、礼儀や正しい言葉づかいを、日常の中で教えているので、三つ子たちはあいさつをきちんとするし、言葉(韓国語)の発達も早いのだと思う。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ