ソンイルグク 韓国 三つ子 初めてのテッコンドー 力が強いのはミングク !声も大きく はっきりしゃべる 「板割り(격파)」 成功!




150915sonilgook-samdooni


「スーパーマンが帰ってきた」

韓国俳優ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育て48時間。

三つ子たちは、テッコンド―の道場に行く。

他の子どもたちが練習をしているのを、後ろで見ている三つ子たち。

マンセ以外は、あまり気が進まないようす。

マンセは輪の中に入る。

マットを立てて、トンネルを作り、その中をくぐる。

マンセはスッと通り抜けたが、ミングクはなかなか出てこないで、中で「一服」している。

ただ、ミングクは気合いだけはいい。

大きな声で気合いを入れる。

150915sonilgook-samdooni-mingook


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



薄い木の板を割るのだが、ミングクは一発で「격파」成功。

マンセは何回やってもなかなか割れない。



ミングクは、三つ子の中でいちばんよく食べるだけあって、力も強いようだ。

最初は、乗り気でなかったテハンとミングクもいつの間にかまわりの雰囲気に合わせて、やる気マンマンになっている。

特に、いちばん元気がいいのはミングクだ。

ミングクは、食べ物があると、そっちに行ってしまうが、そうじゃないときは、いちばん早く状況をつかんで行動する。

テッコンド―の師範のかけ声もよくわかっている。

家で、ソンイルグクが、「アッパ(お父さん)の名前は?」と聞いた時も、ミングクだけが、

송, 일자,국자입니다!!

ソン、イル、グク です!!

とはっきりと言っていた。

 

歌が好きで、歌の歌詞もよく覚えている。

だから、韓国語の習得も早いのだろう。

 

ミングクは、声はハスキーだが、いつもハッキリと大きな声で話す。

苦手なのは犬だ。

 

3つ子たちを見ていていいな、と思うのは、3人でいつも遊んでいることだ。

3人いるので、家にいてもたいくつ、ということがない。

子どもにとって、退屈というのは、とても苦痛なはず。

兄弟だけでいつも遊べる、というのはすごい武器だと思う。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ