ソンイルグク 韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) の登場に韓国のアッパ(お父さん)たちが困っているのはなぜ? 「スーパーマンが帰って来た」裏話



150915sonilgook-samdooni



「スーパーマンが帰って来た」

韓国俳優ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育て48時間。

ソンイルグクが、三つ子というたいへんな子育てを、それも全力で繰り広げる。

この番組が始まって以来、韓国の多くのアッパ(お父さん)たちは、困っているらしい。

それは、ソンイルグクがあまりにも頑張りすぎるから。 笑

ソンイルグクは、三つ子を抱っこして、聖火ランナーに出場したり、ベビーカー2台を押しながらマラソンに出場する。

これは、たぶん、テレビの画面で見るより数倍たいへんなはずだ。

兄弟だと、段階的に成長していくが、三つ子の場合はスタートが同じなので、小さな頃は本当にたいへんだ。

だが、半年でも三つ子の成長ぶりはすさまじい。

ソンイルグクが世話をする部分が少しずつ減っている。

 

また、三つ子たちの特徴は、

  •  なんでもよく食べる
  •  好奇心が旺盛
  •  素直
というところだ。

 

だから、どこへ行っても、誰からも愛されるのだろう。

三つ子たちを見ていると、教育というのは、本当にたいせつだと思う。

 

たいていの親は、どう教育するかを知らずに親になるのだが、ソンイルグクの場合は、裁判官である妻と、子育てにおいて、きちんとした方針を持っている。

三つ子がなんでも食べるのも、ふだんからそのような食生活をしているからだろう。

だからといって、特別高級なものを食べているのではない。

 

野菜や果物、ごはん、とにかくかたよりなくいろんなものを食べている。

三つ子は、まずごはんを残すことがない。

くだものもよく食べる。

151227minguk2



ニンジンも食べる。(動物にやるニンジンスティックも先に食べていたくらいだ) 笑

 

だから、 棉花(목화)を摘むときも、

「これはどうやって食べるのですか?」

とお坊さんに聞いていたくらいだ。

 

まず、食べられるかどうかが、三つ子にとっては重要な関心事なのである。

そして、叱られたことはよく覚えている。

 

以前、お寺で、自分が食べられる分だけよそうようにと言われたのに、残したことがあった。

 

そのことを気にしてか、次に寺に行った時は、かなり少な目に入れていた

 

言葉づかいも、ソンイルグクがいつもていねいな言葉を教えるので、三つ子たちは、きちんとしたていねいな韓国語を使うことができる。

 

また、三つ子の男の子だからといって、乱暴な遊びはしない。

小さなことでも相手とぶつかったりすると、すぐにあやまる。

たまに、いたずらをして立たされたりすると、本当に反省している。

それくらい、素直なのだ。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ