ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 「スーパーマンが帰って来た」 市場を歩く 初めてのスンデもおいしく食べる


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグクは、三つ子(テハン・ミングク・マンセ)を市場に連れて行く。

おでんのことを韓国では、日本語の発音のまま

오뎅

と表記することが多いが、正しい韓国語では、

오묵

という。

ソンイルグクは三つ子たちに

「오묵 オムク」というのが正しいんだよ、

と教える。

市場のことを韓国では、

사장 シジャン

市場

または、

재래시장  チェレシジャン

在来市場

という。

スーパーマーケットなどではなく、以前からある市場という感じだ。

そこでおでんやお菓子を食べ、食堂に入る。

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

スンデのスープを食べる三つ子たち。

ミングク、マンセは、初めての食べ物でも、とにかく食べる。

そして、少し食べて、いらない、ということはまずない。

これはとても味覚が発達している、ということだし、何でも食べてみる、という姿勢がとてもほほえましい。

ミングクは、動物や初めてのものに対しては少し警戒心が強いが、食べ物に関しては積極的だ。

田舎に出かけていろんな体験をする三つ子たち。

ポン菓子をはじめて食べる。

作るところを見るのも初めてだ。

뻥튀기

ポン!って大きな音がするから耳をふさいで、というと、三つ子たちは何やら不安そう。

特にこういう時、ミングクは不安なそぶりを見せる。

だが、その後、食べ物が出てくるとがぜん積極的になる。

両手でポン菓子を食べている。

車の中でも、三つ子は次から次へと遊びを思いつく

誰かが、シンデレラの話を始めると、とたんに、他の子どもが別の登場人物のセリフを語り始める。

即席で演劇が始まるのだ。

すもうをする時も、三つ子たちには闘争本能がないので、ただ、楽しそうに笑っている。

いつも仲良く過ごすことに慣れているので、相手を倒す、とかいうことにはそれほど関心がないのだろう。

三つ子たちはみな平和主義者だ。

情緒的に、とても安定した環境で育っているからだろう。

三つ子が特別乱暴なことをする、という場面は見たことがない。

あったとしても、ソンイルグクがすぐに気づくので、早目にその芽をつんでいる。






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ