ソンイルグク 韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 子育てのすごさが証明された日② 「スーパーマンが帰って来た」 双子VS三つ子



160202superman3


「スーパーマンが帰って来た」


韓国俳優ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちのマンションに、イヒジェの双子が遊びに来る


ソンイルグクとイヒジェとでは教育方針がまったく違う。


おそらく、イヒジェの家が一般的なのだろう。


つまり、方針がないのだ。

行き当たりばったりというか。

そういうふだんの育児の結果がいかんなく発揮された。



子どもたちは、昼寝から目覚め、昼ご飯を食べる。

リビングに5つのベビーチェアが用意される。


誰がどこにすわるかでかなりもめたあと、ようやく座席が決まる。


三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちは、いつものようにしっかりとごはんを食べている。


ところが、ふたごたちは、最初はスプーンを使っていたものの、そのうち手づかみになり、スタイ(よだれかけ)をしているものの、食べ物を体中にこぼしまくっている。


好き嫌いのなりミングクはかぼちゃもおいしそうに食べているが、ふたごたちはあまり食が進まない。


ついには、双子の一人が、食事のプレートを思いっきり床にぶちまける。


イヒジェは立場がない。


とにかくめちゃめちゃだ。


三つ子より、双子の方がひとつ年下ではあるが、ずっと三つ子を見ていて思うのは、それだけの問題ではない、ということだ。


三つ子のたましい百まで


という言葉があるように、小さいうちから、きちんと教育することが本当に大切なのだと思う。


ハチャメチャな双子もまたかわいいのだが、三つ子と双子たちが、育った環境の違いで、20年後にどんな青年になっているのか、楽しみではある。

160202minguk


プレートを床にぶちまけた双子は、ミングクのごはんをとろうとする。

もちろん、ミングクがそれを許すはずはない

 내 꺼야

僕のだよ!


という。


また、ふたごがてづかみでご飯をくれようとすると、いやがって、

 내 꺼 있어

 僕のがあるよ


と言っている。


三つ子たちは、男の子でしかも三つ子という、たいへんな育児環境にもかかわらず、両親がきちんと育児方針を決めて取り組んでいるので、秩序の中で生活しているから、

ハチャメチャなのは、受け入れがたいのだろう。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ