ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)ケンカしても、仲直りの仕方がほほえましい





151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグクは、いつも、三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちがケンカした時に、きちんと仲直りをさせる。

お互いが抱擁して、キスをするのだ。

いつもソンイルグクがそういう風にしつけているので、子どもたちは、ソンイルグクがいないところでも、自分たちでそんな仲直りのしかたをする。

ある時、ミングクとマンセがケンカをした。

背中をたたいたり、頭をポンポンとたたいたり。


どうなることかと心配していたが、次の瞬間にはお互いが抱き合って、キスしている。

そして、相手のほほを愛おしそうに、なでている。

まるで、恋人どうしのように(笑)。

ソンイルグクがいなくても、子どもたち自らが、仲直りをしているのだ。

見ていて本当にほほえましい。


 


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



これは、ふだんからソンイルグクがそのようにしつけている、というのもある。

だが、それ以上に、ソンイルグク自身が、三つ子たちにそのように接している、というのが大きい。

常に子どもを抱きしめ、キスする。

それが、子どもたちにも伝わっているのだ。


子どもは親の言うことではなく、することを見て育つという。

ソンイルグクが、いつも、やさしく抱きしめて、キスしているから、子どもどうしも、そのようにふるまうのだろう。


また、ソンイルグクは奥さんに対しても愛情たっぷりに接している。

朝の散歩から子どもたちを連れて帰って来て、キッチンで料理を作っている妻の肩をマッサージしてあげたり、うしろから近づいて頬にキスをする。


三つ子たちは、テーブルにつきながら、そのような両親の姿を見ているわけだ。

生きた教育とは、こういうことをいうのだろう。










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ