ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが、アッパの職場を体験 韓国ドラマ「チャンヨンシル」撮影現場訪問


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


 

151119sonilgook


 

「スーパーマンが帰って来た」

 

ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの子育て奮闘記。

ソンイルグクは、来年1月から放映される

韓国ドラマ「チャンヨンシル」

への出演が決まっている。

 

その撮影現場を、三つ子たちが訪問した。

歴史ドラマのふん装も体験。

ミングクは、この衣裳がお気に入りのようすだ。

 

151119superman


ソンイルグクがいうには、三つ子たちが、以前から母親の職業(裁判官)は理解しているが、父親であるソンイルグクの職業については理解していないようで、そのことをさびしく思っていたという。

三つ子たちからすれば、ソンイルグクは自分たちといつも遊んでくれたり、家で運動をしている姿しか知らない。

存在という印象で、ソンイルグクが俳優であることはよくわかっていないようなのが気になっていた。

 

そこで、三つ子たちを、韓国ドラマ「チャンヨンシル」の撮影現場に連れて行って、アッパ(父親)の職場体験をすることに。

三つ子たちは、そこで衣裳も歴史ドラマの衣装に着替え、メイクもした。

特に、ミングクはこの衣裳が大のお気に入りのようすだ。

 

何をしてもかわいい三つ子たちだが、また、歴史ドラマのふん装をすると、かわいさ倍増だ。

見ていて思わず微笑んでしまう。

俳優という職業は、ある意味特殊な職業なので、小さな子どもたちが理解するのはむずかしいところがある。

 

三つ子たちが、少しずつ大きくなって、行動範囲が広がっているのは、見ていてとてもうれしいことだ。

 

 



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ