ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの家がいつもスッキリしている理由 ② ソンイルグクの家にないものは?


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

 

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は、サランヌナ(格に闘家・秋山成勲の娘)に会いに、初めて飛行機に乗って東京へ。

 

三つ子たちにとっては、初めての経験の連続だ。

よく観察すると、金浦空港での3つ子のファッションと、羽田空港での三つ子のファッションは違う。

 

3人が背負っているリュックも違うデザインのものだ。

おそらく、スポンサーの商品なのだろう。

 

三つ子たちのファッションを見ているだけでも、かわいくて楽しい。

 

三つ子たちは、サランのマンションで、サランのアッパ(お父さん)手作りのハンバーグを食べてからお昼寝。

 

もちろん、その前に壮絶な

 

イチゴ争奪戦

 

があったことは、言うまでもない。 笑

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

本格的な手作りハンバーグを作る秋山もすごいが、それを豪快に食べる三つ子たちもすごい。

サランは、マンセと特に意気投合したようだ。

 

昼寝からさめた子どもたちは、サランのアッパが三つ子たちへのプレゼントとして用意した、キックボードを見て大喜び。

 

秋山が、キックボードを用意したのは、以前、妻のシホが、三つ子のオンマ(お母さん)と会った時に、聞いた言葉がきっかけだ。

 

何と、三つ子たちの家にはおもちゃがない、という。

 

体を使って遊ばせたいので、おもちゃは買い与えない、というのだ。

 

「スーパーマンが帰って来た」のレギュラーの中で、ソンイルグクのマンションだけが、いつもすっきりしている理由がよくわかった。

 

ソンイルグクは、体を使って遊んだり、外に連れて行ったりする。

 

また、家で遊ぶ時も、絵本を、それこそ体中で表現して読み聞かせる。

 

三つ子たちが、いつも食欲旺盛で、好奇心にみちていて、子どもらしさがあふれているのも、そういう教育方針にあったのだ。

モノを買い与えるのが、愛情とカン違いする親は、多い。

 

そういう意味でも、ソンイルグクの三つ子の子育てが支持される理由があるのだろう。






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ