ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの家がいつもスッキリしている理由 ① 三つ子の家にないものは?


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの48時間。

 

この番組には、ソンイルグクと三つ子だけでなく、他の親子も登場する。

皆、タレントたちなので、広い家に住んでいる。

 

だが、その中で、ソンイルグクと三つ子たちの家が特別すっきりしている。

それは、

モノが少ない

からだ。

 

撮影用なのかどうかはわからないが、まず子どもたちのプレイルームには、

  おもちゃのすべり台

があるだけ。

 

床と壁はマットが貼られて、走り回っても大丈夫なようになっている。

 

リビングも、ソファとシンプルなテーブルのみ。

あとは空気清浄器があるだけだ。

 

だから、三つ子たちは、時々この空気清浄器のコンセントを勝手に外して、共同作業で引っ張って遊んだりしている。  笑

 

キッチンとリビングの間のカウンターには、レコーダーが置かれている。

このレコーダーには、ipodのようなものがセットされていて、子どもたちが好きな童謡を聞くことができる。

 

キッチンには、子ども用のテーブル付きのイスが三つあり、三つ子たちは、食事時になると、そこにすわってごはんを食べる。

 

リビングでは食べないので、リビングが汚れることもない。

 

だから、「スーパーマンが帰って来た」を見ていて、他の家族のコーナーから、三つ子たちのシーンに変わるとホッとする。

モノが少ないので、見ていてすっきりするのだ。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

視聴者は、三つ子とソンイルグクだけに注目することができる。

 

実際、テレビの画面に映る範囲には、どこの家にもある「テレビ」すら置かれていない。

 

テレビがないわけはないと思うが、ふだん、「スーパーマンが帰って来た」の48時間の中では、ソンイルグクのマンションにテレビはない。

 

ある回で、三つ子を寝かせる時に、天井をスクリーンにして、プロジェクターみたいなもので、子ども向けの番組

「ポロロ」

を見せているのを見た。

 

三つ子たちに対するソンイルグクの子育ての取り組みかたが、よくわかる。

 

モノを与えるのではなく、自分の体を動かして、それで経験させようということなのだろう。

 

三つ子たちがいつも好奇心旺盛で、(食欲も旺盛で)元気いっぱいの秘密がそこにあるような気がする。






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ