ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちは好奇心のおもむくままに走る! ソンイルグクがジムに通わない理由


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の移動はどこへ行くにもたいへんだ。

 

ひとたび、戸外に飛び出すと、3人が三様に、走り出すので、さすがのスポーツマンのソンイルグクも、追いつけない。

一人を連れてくると、もう一人はどこかへ行ってしまう。

 

これが年齢に差があったら、一人は誰かを見て、ということもできるが、同じ年なのでどうしようもない。

 

まず、家から駐車場に行くにも、ソンイルグクの家には、小さな子ども用の車を三つ連結して、前から引っ張ることのできる小さな車がある。

それに子どもたちを一人ずつ乗せ、それを引っ張って移動する。

 

そこから近くの公園に行く場合は、ソンイルグクのサイクリング用の自転車に子ども用のカートを3つ連結して出かける。

子どもたちもソンイルグクも、カッコいいヘルメットをかぶっている。

 

アッパ(お父さん)が自転車で、3人の子どもを連れている姿はめずらしいから、通りがかる人はみな驚いて写真をとったり、声をかける。

外国人の観光客も写真を撮っていた。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

マンセはとにかく車が好きだ。

どこへ行っても、車と見ると乗りたがる。

 

そして、まだ小さいので、芝生に落ちているペットボトルや、飲み物についていたストローを拾ってきたりする。

とにかく、かたときも目が離せない。

 

特に公園のような広いところへ行くと、それぞれが自分の好奇心のおもむくままに走り出すので制御不可能だ。

ソンイルグクが、笛を吹いて、「この笛の音が聞こえたら集まるんだよ」と言っても、笛を吹くと逆に遠くへ行ってしまう。

こんな三つ子にいちばん効果的なのは、

까까 カカ

お菓子

 

だ。お菓子を上げるというと、瞬時に集まって来る。ここが三つ子のたくましさだ(笑)。

 

番組ではたぶんカットしているだろうから、ソンイルグクが、「スーパーマンが帰って来た」の撮影時に走り回る距離は相当なものだと思う。

ソンイルグクは、「3人が家にいるのに、子どもたちを置いて、ジムにトレーニングに行くのはおかしい気がして、子どもと遊びながらトレーニングになるように工夫している」

という。


ソンイルグクは、

「(三つ子たちは)親孝行だと思う。父親(の自分)がこれだけたくさん運動するようにしてくれているから」

と笑っている。












韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ