ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)末っ子のマンセは車が大好き!「뛰뛰 ティッティッ」って何?


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

三つ子(テハン・ミングク・マンセ)を外に連れ出したソンイルグク

撮影は、土日に行われるので、外に出ると、他の子ども連れにもよく出会う。

ある子どもが子ども用の車に乗っている。

よくある、子ども用のレーシングカーで2台がつながっている。

だが、この車がそんじょそこらのおもちゃの車ではない。


見るからに高級そうなのだ。

本当のクラシックカーのレプリカのように、つくりがしっかりしている。

ハンドルも木でできている。

ソンイルグクが住むマンションがある街は、たぶん、江南(カンナム)でも高級なところなので、富裕層がたくさん住んでいるからだろう。

それを見てソンイルグクは、子どもを乗せている母親に聞く。

「それは、貸出しできる車ですか?それとも、個人の車ですか?」

母親は家から持ってきた、という。

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


「どうぞ乗ってください」というその母親の言葉に、3つ子を乗せるソンイルグク。

先頭の車にソンイルグクと乗ったのは、末っ子のマンセだ。

マンセは、車が好きなようで、早速ハンドルを握って、かなりハイテンションだ。

ソンイルグクがハンドルを少しでもさわると、

 

안돼 アンデ

ダメ

 

と叫んで、さわらせない。

2歳でも「アンデ―」としっかり言えるところがすごい。

 

3つ子の中でも、マンセの車に対する情熱は群を抜いている。

ソンイルグクは、このままではいつまでも乗りつづけそうなので、その子ども用の超高級ゴーカートを持ち主に返す。

抵抗するマンセ。

そして、ソンイルグクは、ゴーカートの主人に、

 

감사합니다. 좋은 추억이 되었습니다.

ありがとうございます。いい思い出になりました。

 

 

とていねいにお礼をいう。

こんなお礼の言葉が、すぐに出てくるソンイルグクもすごい。

だから、三つ子たちも皆、礼儀正しいのだと感心する。

 

「もっと乗ってもいいですよ」と言われても、遠慮してその場を去るソンイルグク。


そして、その場を離れてから、

「いやあ、あんな(いい)車は買ってあげられないよ」といいながらスーパーに向かう。

 

この何でも買って与えればよい、というところがないところも、ソンイルグクの好感度アップのポイントかもしれない。

 

 

マンセは、気に入った車から引き離されて、いまだに悲しみにつつまれている(笑)。

同じように育った三つ子だが、それぞれに興味の対象が違い、個性があるのが、とても興味深い。


こういうところが、「スーパーマンが帰って来た」に出てくる三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの魅力である。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ