ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)食べ物のうらみはおそろしい? ① たくましい3人の抗議行動



151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たち。

この番組を見ていると、子どもたち一人一人に個性があって、興味深い。

 

ある日、ソンイルグクが3人を歯医者に連れて行く。

まず、駐車場に行くまでが大変だ。

3人なので、抱っこして連れて行くわけにもいかない。

2歳を過ぎた時点で、一人体重は、15キロは超えているからだ。

 

車に乗せようとしても、末っ子のマンセは、車(子どもたちは、これを「뛰뛰 ティッティッ」と呼ぶ。日本語でいうと「ブーブー」といった感じか)に目がない。

まず、最初に運転席に座りたがる。

 

その間に、あとの二人を後部座席に乗せてチャイルドシートの安全ベルトを装着。

そしていやがるマンセを後ろの座席へ。

 

歯医者に連れて行くと、いきなりまん中のミングクが泣き始める。

以前、歯医者に来た時のことを覚えているのだ。

ソンイルグクによると、ミングクは記憶力がいいという。

こういう場合、記憶力は、いやなこともよく覚えている方に作用しているわけだ。

 

ミングクが泣きだすと、それにつられて末っ子のマンセも泣き出す。

長男のテハンは、何も気づかず、きょとんとした表情だ。

 

ソンイルグクは、いやなことは早く済ます方がいいだろうと、ミングクから治療を受けさせる。

治療の間、ソンイルグクは子どもの体をしっかり押さえつけている。

ミングクは、ソンイルグクに最大の抵抗をする。

 

その次は、マンセ。最後にテハンだ。

テハンは最後まで、自分も治療を受けるということに気づいていない。

ソンイルグクによると、テハンがいちばんソンイルグクと性格が似ているという。

おおらかなのだろう。

食欲も旺盛で、ひと口に食べる量が多い。ソンイルグクも大食漢で知られる。

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


 

ようやく治療を終えた後、車に乗り、朝食を食べていないソンイルグクは、通りがかったパン屋でサンドイッチを買い込む。

「お腹がすいた」

と、サンドイッチを次々に口に放り込むソンイルグク。

 

おいしそうにパンを食べるアッパ(お父さん)の姿に、三つ子たちが、

 

 「아빠 빵 (アッパパン)」

アッパ(お父さん)のパン

 

の大合唱。

 

自分たちにもパンをくれ、というわけだ。

 

ソンイルグクは、「これはアッパのごはんで、アッパは朝ごはんも食べていないんだよ。それに、歯医者の先生が30分は何も食べちゃいけないって言ってただろ?」

と説明するのだが、そんな理屈が2歳児に通じるはずがない(笑)。

 

3人がそろって「아빠 빵 (アッパパン)~!」を合唱しながら大泣きする。

たまりかねたソンイルグクは、「よし、アッパがみんなの好きな、おいしい酢豚を食べさせてあげるよ。おまけにアイスクリームも」

というと、3人はぴたりと泣き止む。

 

このへんが本当にかわいらしい。


 

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ