【SKYキャッスル】 ヨムジョンアに決断の時は来るか【情けないのは夫チョンジュノだった】


ドラマ「SKYキャッスル」17話・18話

最高視聴率24.6%をたたき出した超人気ドラマだ。

特に、韓国人が一番関心をもっている、受験をめぐる実態をリアルにえがいたことが人気の秘密といわれている。

【SKYキャッスル】主演 ヨムジョンア プロフィール 最高視聴率24.6% 驚異的な人気で大ブレイク



ヨムジョンアに決断の時は来るか【17・18話】


ヨムジョンアは揺れ動いている。

人間としての部分と、母としての部分。

心の中では、自分の選択が間違っていると気づきながらも、娘の将来のためにはこれが正しいと思い込もうとする。


ドラマ「SKYキャッスル」前半も面白かったけど、クライマックスからもっとすごいことになってくる。
14話あたりからまた新たな展開。
いやあ、それにしても俳優たちがみんな演技うま過ぎ♡
韓国ドラマの場合、視聴者も目が肥えているので、演技が下手だとブーイングの嵐になる。
このドラマは絶賛一色

ヨムジョンアの長女のイェソも、だんだん子どもらしく、素直な面が見えてきた。

【SKYキャッスル】韓国の受験戦争を描いた 超人気ドラマ【スンリのモノマネがバカ受け】

元をただせば、娘がこうなったのも、母親がずっと小さいころから、

  • ソウル大医学部合格
を言い続けてきたからだ。


いわば、娘は、母親のヨムジョンアに洗脳されていたともいえる。

ヨムジョンアが、これまで親子でがんばって、娘が手に入れた数々の賞状を見せて語る。

14年間、二人でがんばってきたのだ、と

おもいっきり遊ぶこともできず、旅行もろくに行けず、

ただ、勉強だけの日々。

そのかけた人生の時間を考えると、どうしても、ソウル大医学部合格という道を放棄することができない。

【SKYキャッスル】韓国中が熱狂したドラマの真実【合格を買う人たち】



【過去の努力】を捨てられない理由

経済学で、
  • サンクコスト 埋没費用
という概念がある。

ムダとわかっていても、これまでやってきたことをやめるのはもったいないと思ってしまう人間の心理だ。

たとえば、もう役に立たないとわかっていても、

高いお金を出して買ったから、といつまでも不用な物を捨てられない心理に似ている。

具体的にいうと、
  • 昔の恋人からもらった手紙
  • 高かったけど、今では着ることのないコート
  • 時間をかけて勉強したけど合格できなかった資格試験の参考書
などだ。

あなたの部屋にも、こんなものがほこりをかぶっているのではないだろうか。

これらはすべて、
  • 未練
という言葉で言い換えられるモノたちだ。

 

逆にいうと、これをバッサリ捨てられる人は、新しい人生を歩ける人だといえる。

つまり、ヨムジョンア親子にとって、
  • ソウル大医学部合格
をあきらめることは、これまでの人生をすべて否定するようなものなのだ。

それができないために、人間として守るべき道徳に反した行動をしてしまう。

【SKYキャッスル】ヨムジョンア 話題になったあの名セリフ(韓国人も絶賛)超人気ドラマ 3・4話 【関西弁風に訳してみました】


ヨムジョンアの夫の情けない行動 VS ヨムジョンアの母子関係


ここで、情けないのは、ヨムジョンアの夫チョンジュノだ。

自分が追いつめられたら、母親に電話をする。

見た目は大人だが、内面は思春期の中学生のようだ。

こういう男性を、韓国語で、
  • 허당 ホダン
という。

【単語解説】허당

見た目はちゃんとしているように見えるが、言動が愚かで抜けていることをいう。

見かけ倒しな人物、ということだ。
  • ドラマ「密会」(キムヒエ・ユアイン)
で、キムヒエの夫を演じていたパクヒョククォン【役名 カンジュンヒョン】みたいな人物だ。

(実際、キムヒエの友人であり、会長の娘であるキムヘウン【役名 ソヨンウ】は、パクヒョックォンのことをホダンと称していた)

「密会」「優しくない女たち」「パンチ」「六龍が飛ぶ」韓国ドラマを支える脇役たち パクヒョックォン

【ユアイン】「密会」本当にピアノを弾いているのか?②【天才ピアニストの演技の秘密】

ここで、結局、ヨムジョンアとイェソのいびつな親子関係の元は、

イェソのアッパであるカンジュンサン(チョンジュノ)と母親 ユン女史【イェソのハルモニ 祖母】(チョンエリ)との関係に由来している、ということがわかる。

まちがった価値観や、教育観が、また、新たな悲劇を生んでいるわけだ。

韓国社会の問題点をあぶり出すドラマ「SKYキャッスル」


ドラマ「SKYキャッスル」は、さまざまな家族の生態をえがくことで、韓国の教育、社会体制がはらむ矛盾と問題点をあぶりだす。

ストーリーが何層にも複雑に構成されているが、本質はひとつだ。

教育とは何か。
  • ひとりの子どもを人間として独立した存在として認め、その意思を尊重すること
  • 子どもと親は別の人格である、ということを認識すること
きわめてシンプルだ。

ヨムジョンアの場合、自分の人生と娘の人生を同一視しているところに問題がある。

これは、愛ではなく娘に対する抑圧だ。

【SKYキャッスル】ヨムジョンアの隠された過去【イテラン VS ヨムジョンア アラフォー女優対決がおもしろい】

トルストイの言葉

トルストイの「アンナカレーニナ」の言葉を思い出す。

幸福な家庭はどれも似通っているが、

不幸な家庭はそれぞれに違う不幸をかかえている

 

ヨムジョンアが、これまでの過去を振り切って、新しい未来に踏み出すことができるのか。

子どもの本当の幸せは何かについて、気づくことができるのか。

ドラマの展開は予断を許さない。

【SKYキャッスル】5話 衝撃 超人気韓国ドラマ ヨムジョンアの演技力に絶賛の嵐【睡眠不足に注意】

【韓国ドラマ】ツタヤに見たい映画がなくても今すぐDVDレンタルできる方法【無料】

【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
【韓国女優】おすすめの顔脱毛 今すぐピカピカ つるつる 光る肌になる方法 【ぷるぷる肌になります】





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ