【秘密の森 】9話 特任検事になるチョスンウといきなり登場する日本語の謎 【笑わないチョスンウが笑顔を見せた瞬間とは】

  • 韓国ドラマ「秘密の森」
検察や警察内部の不正をえがく。

ある殺人事件から、すべては始まる。

チョスンウは検事、ペドゥナは警察官だ。


ハングル検定の問題に頻出の四字熟語。
こんなん意味あるの?と勉強している時は思った。
でも、この四字熟語が韓国ドラマやニュースにもバンバン出てくることを知ってびっくり。
ハングル検定の勉強は絶対役に立ちます!!

【秘密の森】おすすめのドラマで四字熟語をガンガン覚えてハングル検定に合格する方法


無表情なチョスンウVS 表情ゆたかなペドゥナ


この韓国ドラマ「秘密の森」のポイントは、チョスンウが幼いころに脳の手術を受けている、というところ。

そのため、感情表現がとばしい。

というより、ほぼ無表情だ。

性格がそうなのではなく、とてもクールなのだ。

【秘密の森】チョスンウ 無表情の演技がうますぎる【いつも昼ごはんを食べられない理由】

それと対照的な人物がペドゥナ。

目が大きくクルクル動く。


同性として、女を売りにしないところがとても好感が持てる。

実際、この韓国ドラマ「秘密の森」でのペドゥナの演技はほんとうに自然でいい。

刑事役をみごとにこなしている。

ペドゥナは絵が好きなようだ。事件をメモするノートにいつも絵を描いている。

ペドゥナが住む家は、韓国ドラマでよく登場する
  • 옥탑방
  • 建物の屋上にある家
だ。

ペドゥナの部屋にはアニメのイラストがたくさん飾られている。

韓国ドラマ「秘密の森」の中で、ペドゥナが部下の刑事に、
  • 철완로봇 알지?
と言うセリフがある。

どうやら、
  • 철완로봇=鉄腕ロボット
だが、手塚治虫の鉄腕アトムのことのよう。

韓国では철완로봇 鉄腕ロボットと呼ばれているのだ。

チョスンウとペドゥナが、事件の容疑者を追ううちに、少しずつたがいに好感を持っていく。

でも、それは本当にほのかな感じ。

普通の韓ドラのように情熱的な感じではない。

この韓国ドラマ「秘密の森」もtvNのスタジオドラゴン【STUDIO DRAGON】の作品だ。

韓国の映画で有名なCJエンターテインメントのドラマ専門会社が制作している。

スタジオドラゴンの作品は、普通の韓国ドラマのように、決まり切ったステレオタイプのストーリーではない。

セリフも韓国映画のようにサラッと語られるので、リスニングが難しい

特に、チョスンウの上司の検事イチャンジュン(ユジェミョン)は、ぼそぼそしゃべるので、発音がとても聞き取りにくい。

権力ドラマなので、セリフの一つひとつに深い意味がある。

だから、聞き逃すと意味がつかめなくなってくるのだ。

【秘密の森】リスニング力をきたえる おすすめの韓国ドラマ【ついでに方言もマスターできる】

 

笑わないチョスンウが笑顔を見せた


チョスンウはほとんど笑わない。

韓国ドラマ「秘密の森」第8話で、ペドゥナが
  • 우리 끼리 ウリキリ
  • 私たちで
と言ったときに、くちびるの両端を上げてニコっとしたぐらい。

それが9話で、はじめて笑顔を見せる。

チョスンウの魅力は笑顔だと再認識。

ふだん笑わない男性がたまに笑うと、とても魅力的に見える。

しょっちゅう笑顔をふりまいている男性は反省すべきかも、と感じた。

チョスンウは、作品によって、いろんな色を出せる俳優だ。

ドラマ「シグナル」のキムヘスと、
  • 映画「タチャ~イカサマ師」
で共演した時は、キムヘスと大胆なベッドシーンを演じた。

露出が多かったのは、キムヘスの方で、チョスンウ自身はそれほど大胆な演技というほどでもなかったが。。。

【韓国映画】ベッドシーン おすすめ〈ベスト3〉 キムヘス・チョンドヨン・イミスク 女優対決【はまり過ぎ注意】




特別検事に任命されるチョスンウ

9話の終わりに、検事長のイチャンジュンは、検察官が業者から賄賂(わいろ)を受け取っているという報道を受け、チョスンウを
  • 特任検事
に任命する。

【ミニ解説】特任検事 특임검사

特任検事と似ているが、まったく違う制度で、

韓国には、アメリカと同じく、
  • 특별검사 特別検察
という制度がある。

政治家などの巨大な犯罪が見つかった時に、国会が特別に検事を任命し、捜査する制度だ。

検察だと、大統領(青瓦台チョンファデ)の意向を気にしてじゅうぶんに捜査できないからだ。

ただ、この特任検事というのは、それとは違う。

検察官の中から、ある事件の捜査を独立に任命する制度だ。

 

韓国を揺るがした事件との関係

2016年秋から韓国中を揺るがした
  • 朴槿恵(パククネ)-崔順実 (チェスンシル)ゲート
を捜査したのも、特別検察(韓国では略して특검 トゥッコム と呼ぶ)だ。

これまでも、何度もあった特別検察だが、今回の朴槿恵(パククネ)-崔順実 (チェスンシル)ゲートを捜査した特別検察はめざましい成果を上げ、韓国民の大きな支持を得た。

結局、この特別検察の捜査が、大統領の弾劾という結果に結びつくことになった。

この特別検察の正式名称は、少し長いが、
  • 최순실 등 민간인에 의한 국정농단 의혹 사건 규명을 위한 특별검사
  • チェスンシル等、民間人による国政介入(国政ろう断)疑惑事件を糾明するための特別検事
という。

韓国ドラマ「密会」が韓国の近未来を予言していたドラマである3つの理由

【サムスン】 控訴審は執行猶予付き判決で、353日ぶりに釈放の波紋!イジェヨン(李在鎔 )副会長 【韓国財閥 トップ】に「超甘」判決で、韓国民の激しい批判殺到!

イジョンジェが【結婚できない理由】とサムスン御曹司 イジェヨン 李在鎔(現・副会長)との関係

つまり、国会で特別法を立法し、それを可決してできた法律にもとづいて任命された検事が捜査を行う制度だ。

韓国ドラマ「秘密の森」で登場した
  • 특임검사 特任検事
というのは、この特別検事とは違う制度だ。

検事長が任命する制度だからだ。

でも、韓国の視聴者は、特任検事という言葉を聞いて、10人中9人は、この特別検察を連想するはず。

ドラマは現実の反映だからだ。

検事イチャンジュン 不可解な魅力


まちがいなく、韓国ドラマ「秘密の森」は、実際にあった事件をモチーフにしている。

チョスンウの上司のイチャンジュンはよくわからない人物だ。

せっかく昇進して検事長になったのに、責任をとる、ということであっさり辞任する。

だが、これは伏線であって、あとでどんでん返しがある。

イギョンヨンは、イチャンジュンの妻の父であり、財閥の会長だ。

イチャンジョンの妻役を演じているユンセアは、2018年11月から2019年1月にかけて放映され、韓国で大ブームになった
  • ドラマ「SKYキャッスル」(ヨムジョンア)
に出演していた女優だ。


上品で優雅な魅力がある。

【SKYキャッスル】韓国の受験戦争を描いた 超人気ドラマ【スンリのモノマネがバカ受け】

【SKYキャッスル】ヨムジョンアの隠された過去【イテラン VS ヨムジョンア アラフォー女優対決がおもしろい】

イギョンヨンがシブすぎる


イギョンヨンは、演技がうまい、というより、顔と雰囲気だけで貫禄があるので、こういう
  • 財閥の会長
  • 大統領候補(韓国映画「インサイダーズ 内部者たち」)
がピッタリだ。

特に、最近人気のある韓国映画には必ず登場している。
  • 映画「インサイダーズ~内部者たち」
では、チョスンウと共演している。


チョスンウは、この映画でも検事役だった。

イビョンホンの韓国映画「インサイダーズ」を今すぐ見るなら !
インサイダーズ/内部者たち(字幕版)


イギョンヨンを見ていると、演技派の俳優が気の毒になってくる
イギョンヨンは、画面に映るだけで存在感があるので、何かありそうに見える。
普通の俳優だと、演技でめっちゃ頑張らないと認めてもらえないのに、イギョンヨンだと、ひと言ふた言セリフをいうだけでも「シブい」と思ってもらえる。得です

イギョンヨンにはもはやかつての事件の影はない。

イギョンヨンとパクユチョン 「事件」を乗り越えて、味のある俳優に 韓国映画「リアル」(キムスヒョン)にも出演

  • イジョンソクの韓国映画「VIP 修羅の獣たち」
  • キムスヒョンの韓国映画「リアル REAL」
にも出ていた。

【VIP 修羅の獣たち】イジョンソク 初の悪役 韓国映画 ノアール 感想【ネタバレなし】

【リアル】キムスヒョンの韓国映画が失敗した3つの理由【11億円で観客たったの47万人】

出演する俳優の多さで話題になった、ハンヒョジュの
  • 映画「ビューティーインサイド」
にも、最後の方でチラッと登場する。

【ビューティーインサイド】 韓国映画 感想 ハンヒョジュの美しさ ネタバレあり【やっぱり見た目は重要】

イギョンヨンは、顔の微妙な表情というより、その存在そのものが絵になる俳優だ。

イギョンヨンの会長室のセットがいい。

ドアをあけて正面奥が床まである大きな窓。

その前にイギョンヨンの机があり、天井はホテルのホールのように高い。

【秘密の森】リスニング力をきたえる おすすめの韓国ドラマ【ついでに方言もマスターできる】

突然登場した「さつじん 殺人」という日本語の謎

11話 12話でイギョンヨンが、
  • 사쯔진 殺人
  • 살인
  • さつじん
と字幕まで出てくる。

殺人をさつじんと日本語で言うのはこれまでほとんど聞いたことがない。

もちろん、韓国には日常的に使われる日本語がたくさんある。
  •  つきだし
  •  やま
  •  おやぶん
とか。

特に、報道の世界では、今も業界用語として日本語がたくさん使われている。

放送局の記者の世界をえがいたイジョンソクの

ドラマ「ピノキオ」(パクシネ)

では、日本語がバンバン登場し、字幕で解説まで出ていた。

【ピノキオ】見ないと損する本当の理由 【イジョンソクとパクシネが主演とか全く関係ありません】

【ピノキオ】パクシネの演技のうまさはしゃっくり【イジョンソクとの美肌対決も見逃せない】

でも「さつじん」を日本語で言うのは聞いたことがない。

だから違和感があった。

でも、その理由が、やがて明かになる。

12話に入り、事件の中心が徐々にイギョンヨンの財閥会長に向かっていく。

脚本家の緻密な構成にグングンひかれていく。

もちろん、チョスンウとペドゥナが魅力的な俳優であるのも大きな理由のひとつ。

助演の演技が光る「秘密の森」

でもそれ以上に、韓国ドラマ「秘密の森」では、これまでの韓国映画では、脇役で、あまりスポットライトが当てられていなかった俳優たちにも、多くの光が当てられている。

助演ではあるが、演技力がしっかりしている俳優たちだ。

この傾向は、tvNのドラマ全般にいえる。

イジュノ(2PM)が主演の
  • ドラマ「自白」
にも、イチャンジョン役を演じたユジェミョンが、今度は刑事として登場している。


ドラマ「自白」
イジュノが主役で弁護士、しかもtvNのドラマ。
見る前から絶対おもしろい、の推定が働く。
イジュノだけでなく、登場人物全員、演技うますぎ、訳ありすぎで、一気に2話まで見た。
イジュノの演技力はドラマ「記憶~愛する人へ」で実証済みなので安心して見れる
イジュノ、肌きれい過ぎ

その名演技を楽しむのも韓国ドラマ「秘密の森」のだいご味のひとつだ。

ストーリーの展開が気になって先を急ぎがちになるが、少しぺースダウンして、じっくりセリフと俳優たちの表情を味わいたいと思う。

【秘密の森】13話 ショッキングなラスト 続きが見たくてたまらない おすすめの韓国ドラマ【韓国語もうまくなります】

【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
【韓国女優】おすすめの顔脱毛 今すぐピカピカ つるつる 光る肌になる方法 【ぷるぷる肌になります】





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ