【韓国】ソウル 〈ポケットwifi レンタル〉を仁川空港でする人は損している理由【ホテルのワイファイは超危険です】

仁川空港(韓国)で【ポケットwifiルーター】レンタルすると損する理由


韓国旅行に行く時、あなたは仁川空港でwifiルーターをレンタルしているのではないだろうか。

ほとんどの人は、韓国現地で調達している。

でも、そのためにとても損をしていることに気づいていない。

その理由について掘り下げてみたい。

まず、韓国(仁川空港)でポケットwifiルーターをレンタルする方法のメリットについて考えてみる。

【メリット1】日本で用意して行く必要がないので、準備の手間が省けて楽

旅行の準備でもたいへんなのに、wifiルーターまで日本で用意していくとなると、手続きがわずらわしい。

現地でレンタルするなら、日本を出発する時には、そんなことまで考えなくていいから気楽だ。

仁川空港には、専用のカウンターがあり、wifiルーターをレンタルすることができる。

【メリット2】 現金での支払いも可能

仁川空港のカウンターでレンタルする時には、パスポートと、保証金またはクレジットカードの提示が必要

→ただ、これはあくまでの保証のためで、料金はあと払いになるので、この時点では課金されない。

だから、レンタル料金は、返却の時に支払う。

クレジットカードを使わず現金で支払うことも可能だ。

韓国旅行 ソウル 【ポケットwifiルーター】を 現金払いで 仁川空港でレンタルする方法

【デメリット1】時間がよぶんにかかる

これは、スルーしてしまいがちだけれど、韓国旅行では1分1秒が貴重なのだ。

荷物を抱えて、空港の中を走りまわり、慣れない韓国語を使いこなしてレンタルワイファイを借りる、というのは、相当なストレスだ。

そして、何より、帰りの便の時がわずらわしい。

特に、ソウルから釜山、ソウルからチェジュ(済州)へ移動するとなると、いったんまた仁川空港のカウンターでWi-Fiルーターを返却しないといけない。

しかも、ソウルから釜山やチェジュに行く場合は、仁川空港ではなく、金浦空港を利用することになる。

そうなると、わざわざルーターの返却のために、仁川空港に戻らなければならなくなり、よぶんな交通費と、時間がかかることになる。

【デメリット3】レンタル料金が高い

空港のカウンターでレンタルすると、
  •   8000ウォン【約800円】/1日
3泊4日の場合、2400円になる。

日本で前もってレンタルして行くと、これよりはるかに安い金額でポケットwifiルーターを借りることができるのに、これはもったいない。

浮かしたレンタル料金で、ちょっとおいしいランチやデザートを食べることができる。


でもそれ以前に、空港やホテル、ソウルならカフェなど、公共のスペースでは公用のwifi 【ワイファイ】が整備されているから、

そもそも、
  • 「ポケットワイファイ自体がいらないんじゃないの?」
と思っているあなた。

その考えは超危険なことを知っていますか?

wifiルーターを絶対レンタルすべき理由


韓国旅行に行くなら、ワイファイは必須。

空港やホテルのwifiをあてにしていると、とんでもないことになる。

【理由その1】 セキュリティ上の問題

共有のワイファイというのは、逆にいうと、
  • 誰でもあなたのスマホの中身をのぞける
ということを意味する。

特に空港など、どんな人間がいるかわからない。

おまけに今はスマホに
  • 電子マネーのアプリ
  • 銀行口座のアプリ
  • クレジットカードのアプリ
を搭載しているのが普通だ。

また、LINEやメールのパスワードをスマホに保存している場合もある。

また、スマホの中には、
  • 大容量の画像
もたくさん入っているはず。

スマホで撮った写真の中には、あなた自身が撮ったことも忘れているような、人に見られたくないレアな画像がたくさん保存されている可能性が高い。

私のスマホにも、たぶん、人に見られたら恥ずかしい、しょうもない写真が大量にある(ハズ)←見たくない!

そんな秘密を、どこの誰ともわからない人間に見られる危険性があるとしたら、どうだろうか?

つまり、それだけ、あなたのスマートフォンの中には、

あなたのたいせつな超トップシークレット

がいっぱい詰まっているわけだ。

そんなスマホを、空港やホテルの公共のwifiにつなげるということは、つまり、

大勢の人の前で【あなたのすべて】をさらしている

ようなものだ。

そんな危険な場所【空港】で(しかも外国)、あなたのたいせつなプライバシーをさらすのは危険きわまりないことだ。

セキュリティは自分で守る、という点でも、自分でwifiルーターを用意して行くのが安全な方法だといえる。

自分用のレンタルwifiを持っていけば、そんなデンジャラスな心配とは無関係に、旅行を思いっきり楽しむことができる。

【理由その2】 つながる速度〈スピード〉の問題

共有のワイファイの場合、どうしても、専用のポケットwifiルーターと比べて、ネットにつながる速度が遅い。

特に、韓国旅行だと、短い時間でいろんなところを回らないといけない。

そのためには、地図アプリ【ネイバー地図】【グーグル地図】を最大限使いたおして、少しでも早く目的地にたどり着くことが超重要だ。

韓国旅行で、アプリにほんろうされて、このアプリたちを
  •  ボコボコにしてやる
と思ったこともある私だが、それでもやっぱり、ソウルの街を歩くなら地図アプリがなければどこにも行けない。

【体験談あり】韓国 ソウル 江南 ゲストハウスに泊まってみた!「ホテルと同じ」と思ってるあなた、とんでもないことになりますよ



そんな時につながらなかったり、とぎれたりすると、それだけでたいせつな旅行の時間をムダにすることになる。

韓国旅行で1時間ムダにするということは、航空券代やホテル代にかかったお金をムダにするのと同じくらい損なことだ。

【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】


【理由その3】 レンタル料金が安い

韓国に着いて、現地の仁川空港でレンタルするよりも、日本で借りて行った方がはるかに安い。

滞在日数が長くなるほど、その差は大きくなる。

【理由その4】日本の空港でレンタル→日本の空港で返却が可能【イモトのwifi】

イモトのwifiの場合、関西空港をはじめ、日本の主な空港にカウンターがある。

だから、事前に自宅や職場でポケットルーターを受け取る時間がなくても、空港に行って、搭乗する前にレンタルすることができる。

返却は、帰って来た時に、イモトのwifiのカウンターで返せばいい。

もしカウンターが閉まっていて、係の人がいなくても、カウンターのところにポストがあるので、その中に放り込めばOK.

イモトのwifiは、対応があっさりしていて、とにかく迅速なので、私は気に入っている。

関西空港には、イモトのwifi以外にも、ポケットwifiルーターのレンタル会社があるが、私が実際に値段を聞いてチェックした限りでは、
  • 空港で借りるなら、イモトのwifiが一番安い
というのが結論だ。

なお、韓国WIFIも、空港受け取りができる。

受け取り出来る空港は、

成田・羽田・セントヘレナ【名古屋】・関西空港【第1ターミナル】

だ。

ただ、前日の申し込みで当日受け取ることができるのは成田空港だけ。

関西空港の場合など、【出発3日前の午後2時までの申し込み】が必要なので、あまり使い勝手がいいといえない。

それぐらいなら、当日空港のカウンターに直接行って、イモトのwifiを借りる方がカンタンでいいと思う。

イモトのWIFI


【比較】韓国wifi【グローバルモバイル】VS イモトのwifi どちらを選ぶべきか

私の場合は、時間的に余裕がある場合、(ルーターを事前にネットで予約する時間ある場合)は、
  • 韓国wifi 【グローバルモバイル】
を利用することにしている。

韓国wifi 【グローバルモバイル】をおすすめする理由

【理由その①】料金が安い
料金は、
  •  韓国WIFI【グローバルモバイル】 590円/1日
  •  イモトのWIFI 680円/1日
【理由その②】韓国全域で利用できる
韓国WIFIは、韓国専用なので韓国全域で利用できる。

これは私がチェジュ【済州】に2回行った時に、ソウルとまったく同じように使えたので立証済み。

イモトのWIFIに関しては、ホームページの韓国で使える都市の中にチェジュ【済州】が入っていない。

チェジュでまったく使えないわけではないと思うが、ホームページで表示していないのが気になる。

そういう意味で、韓国旅行で使うならやっぱりグローバルモバイルの韓国専用WIFIだと思う。

韓国専用ポケットwifiルーター



【ジードラゴン】チェジュ GDカフェ【モンサンド エウォル】に行く おすすめの韓国LCC(チェジュ航空・t’way航空)
【理由その③】 とにかく届くのが早い
手続きがカンタン。

韓国専用ポケットwifiルーター

は、ネットで申し込んで、早ければ翌日には着く。

だから、出発の2日前ならぜんぜん間に合う。
【理由その③】 バッテリーの持ちがいい
イモトのwifiも利用したことがあるが、ポケットルーターのバッテリーの持ちがぜんぜん違う。

韓国WIFI【グローバルモバイル】は、フル充電すると丸一日もつ。

イモトのwifiだと、途中で切れることが多かった。

韓国WIFIの方が、がぜん長持ちなのだ。

韓国専用ポケットwifiルーター


【理由その④】 返却は帰って来た翌日でOK 【送料は無料】

韓国専用ポケットwifiルーター

の場合、返却は、日本に帰って来た翌日でいい。

返却する方法は、レンタル時に送付されて来る〈切手が貼ってある封筒〉に入れてポストに投函するだけ。

関係ないが、この封筒には普通に切手が貼られている。

そんなところが手作り感(?)があってなんとなくアットホームでいいのだ。

この
  •  返却時の送料無料
というサービスは、イモトのWIFIにはない。

イモトのwifiだと、こちらが送料を負担することになるから、レンタル料金の1日分くらいかかってしまうので損になる。

韓国専用ポケットwifiルーター


返却時の【ポスト投函時刻】に注意
ただ、注意しないといけないのは、ポストの投函時間だ。

消印で判断するので、土日など、通常より早い時間に郵便局の集配車がポストの郵便物を回収して行った場合、

あなたはその日に入れたつもりでも、消印は翌日になってしまうことがある。

私もそれで失敗して、あとで1日分のレンタル料金をよぶんにとられた。汗

韓国専用ポケットwifiルーター


韓国ソウル旅行の達人は、wifiルーターを仁川空港でレンタルしない


 

私は韓国語を独学でマスターしている。

韓国に行くといつも現地の韓国人にまちがえられる。

【もう少し】イミンホの除隊日は2019年4月に 自宅の超高級マンションに行く方法と公益の勤務先までの通勤時間を調べてビックリ【近過ぎ】

韓国旅行は、2ヶ月に1回の割合で行っているので、旅行のプロといっていい。

だから、韓国のファッションの流行もいち早くキャッチしている。

【韓国】ロングダウンコート 〈ロンペディン(롱패딩)〉が大流行 2018 冬 日本に上陸 ファッションは回る【ユニクロの勝ち】

 

韓国行きの格安航空券は、いつも、こちらのサイトでゲットする。

格安航空券を今すぐ探す!!



【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】



荷物はいつも少な目にするのが韓国旅行のコツだ。

手荷物はできるだけ持ち込みのキャリーのみで、身軽に行くことを心がけている。

空港というのはやたら広いので、ムダに動くと、それだけで貴重な旅行の時間が過ぎて行く。

だから、wifiルーターは、できるだけ出発前に用意する。

韓国で使えるwifiルーターを日本でレンタルできることを知らない人が意外に多いのにびっくりする。

だから、仁川空港で、カウンターでwifiルーターをレンタルしている人たちを見ると、
  •  素人だな
と思ってしまう。

仁川空港の広さをなめてはいけない

まず、仁川空港は広い。

韓国でレンタルすると、
  1.  韓国に到着した時
  2.  韓国から日本に帰る時
と、2回カウンターによらなければいけない。

特に、行きより帰りの方が、買い物をして荷物が増えているもの。

搭乗の手続きや、両替もあるのに、wifiルーターの返却までしていると、ほんとうに時間がかかってしかたがない。

しかも、返却するカウンターは1階にあるから、出発カウンターとはかけ離れている。

その移動のしんどさを考えると、これはムダでしかない。

ソウル以外にも旅行する時に困る

しかも、もっと深刻なことは、

ソウルから釜山、釜山からチェジュド【済州島】

と、韓国内を移動して、たとえば釜山から日本への直行便で帰るときはどうするの?という話。

日本でwifiルーターをレンタルして行くと、こんなわずらわしいことから解放される。

韓国専用ポケットwifiルーター



【格安航空券】 (LCC)で韓国に行く 今人気の チェジュ航空 と ジンエア(JIN AIR)に乗ってみた!

レンタルの受け取り→返却にかかる時間を節約して生ビールを


日本からレンタルファイファイを持って行ったら、その時間を、出発前のラウンジでゆっくり
  •  生ビール(ロッテの【クラウド】がお気に入り)
を味わったり、
  •  カフェラテ
を飲みながら、旅行の余韻にひたることもできるわけだ。

おすすめのwifiルーターは2つ

韓国専用ポケットwifiルーター



イモトのWIFI



そこで、どのwifiルーターを使うかだ。

早目に予約しておくと早割り料金でトクする

イチ押しは、
だ。

【早割】出発日の30日前に申し込むと1割引きに

韓国に行く日程が早めに決まっていたら、すぐに申し込んでおくと
  • 早割り
といってかなり割引してくれる。
  • 30日前→1割引
 

ただ、私は何でもギリギリにするタイプなので、これまで早割を利用したことはない。←しろよ!

計画的で、几帳面な人は、こういうとこでもトクをするようになっている。

神様は公平である。笑

 

イモトのwifiも早目に申し込むと割引してくれるサービスがある。

韓国専用wifiは、とにかく届くのが早い。

また、バッテリーの持ちもいい

何よりいちばん便利なのが、

日本に帰って来た翌日にポストに投函するだけでOK

というところ。

しかも返送料は無料。

また、このwifiルーターは韓国で使用するものなので、
  •  消費税がかからない

対応が親切なのでトラブルにも安心

韓国で滞在する日数が多いほど一日の使用料が安いのが助かる。

また、何かあった時の対応もとても親切。

【トラブル】「充電器をなくした友だち」の場合

これは友人のケースだが、wifiルーターの充電器をなくしてしまった。

結局、1000円を追加で払うことに。

そうすると、後日、きちんと領収証が郵送されてきた。

クレジットカードなどで海外旅行向けの保険がついているものがある。

そういう保険に入っていた場合、海外で盗難や紛失事故にあった場合、保険でまかなえることがある。

その手続き用に、この書類が必要なのだ。

このことがあってから、私も友だちも、韓国にはポケットwifiのルーターだけを持って行って、ほかの付属品
  • 充電器
  • ポシェット
  • 説明書
とかは、家に置いて行くようにしている。

使い方は超カンタンなので、説明書はいらないし、韓国で使う変圧器は、ソウルのコンビニなどで安く手に入る。

付属の充電器とかをなくすとややこしいことになるので、今はそうしている。

「ルーター本体はなくさないの?」と思うかもしれないが、人間は重要なものは意外となくさないもの。

パスポートとかを失くすことはあまりないように、ポケットwifiルーターも、スマホの一部みたいなものなので、まずなくさないものだ。

逆に、充電器とかは、そんなに重要なものと思わないので、ホテルを移動したりするときに忘れてしまうことがあるのだ。

【注意】 繁忙期にはレンタル用の端末機が不足することも

ただ、繁忙期などは、
  • wifiルーターの端末機が不足
して、借りれない場合がある。←それだけ人気があるということ

これは本当にくやしい。

以前、ツイてなかったのは、出発の直前に申し込もうとしたら、

 

グローバルモバイルの事務所がちょうど引っ越しする日で受け付けられません

 

となっていた時。

これも、もっと前から申し込んでおけばよかったのに、ぎりぎりまで注文しなかったからだ。

ただ、今後グローバルモバイルの事務所が引っ越しするということも、そうひんぱんにはないだろうから、こんな事態はめったにないハズ。

でも、わからない。

今大人気の韓国WIFI【グローバルモバイル】だから、これからどんどん儲けて、また東京の一等地に事務所を移転するかもしれない。笑

 

とにかく、航空券を買って、旅行の日程が決まったら、それとほぼ同時に、ポケットwifi 〈ワイファイ〉ルーターの予約もすませておくことだ。

韓国WIFIは、出発の2日前(午後5時までに申し込みが必要)でも在庫さえあれば送ってくれる。

空港や、勤め先の会社で受け取ることももちろん可能。

ただ、ひとつだけ欠点がある。

申し込みのたびに、名前・住所・電話番号などを入力しないといけないところだ。

 

アマゾンID・楽天IDで申し込みできる

一度申し込んだら会員登録みたいにして、IDだけで注文できるようにしてくれたらラクなのに、とずっと思っていた。

そう思っていたら、今は、
  • アマゾンのID
  • 楽天のID
でレンタル申し込みをすることができるようになっている。

 

たいていの人は、アマゾンか楽天のIDのどちらかは持っているはず。

クレジットカードの情報をいちいち入力するのは超めんどうだが、amazonのIDや、楽天のIDだと、すでに登録されているクレジットカードの情報がそのまま使えるので、本当にカンタンだ。

グローバルモバイルは、サービスはいいし、とにかく迅速なのでまったく不満はない。

トラブルがあった時の対応もよかった。

何かあれば韓国からでも連絡すれば対応してくれるので安心だ。

でも、これまで、韓国から連絡しなければならないようなことは一度もなかった。

韓国専用ポケットwifiルーター



 

イモトのWIFI

韓国WIFI【グローバルモバイル】をレンタルできないときに、サブで利用しているのが、イモトのwifiルーターだ。

しくみは同じだが、wifiルーターを返送する時の費用はこちら持ちだ。

そして、バッテリーの持続時間も、グローバルモバイルの韓国wifiより短い。

この2点が不満な点だ。

ただ、事前にネットで申し込めなかった場合でも、イモトのWIFIは、関西空港にもカウンターがあるので、出発前にレンタルできる。

そして、返却は到着した時にカウンターにあるポストに入れるだけでいい。

韓国に出発するまで余裕がなくて事前に準備できなかった場合は、出発前に空港でイモトのWIFIレンタルして行くのがいい。

どちらにしても、韓国の空港で借りるのはやめた方がいい

値段も高いし、空港の中を歩き回るのが時間のムダだからだ。

事前にポケットルーターを日本で受け取っておくと、家で
  •  バッテリーをフル充電
しておくことができるので、特に忙しく歩きまわることになる、韓国旅行の初日がラクだ。

韓国専用ポケットwifiルーター



【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
韓国女優の肌がピカピカ つるつる 光っている秘密 赤ちゃんみたいなぷるぷる肌の透明感と 【顔脱毛】の深い関係



ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ