おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第1回 チェジウ 等身大の演技が光る! 一年発起して大学に合格するも家族の反応は冷たく。。。




151113choijiwoo

韓国ドラマ「2度目の二十歳」


過去の回想シーンから始まる。


まだ10代のチェジウをハスンリが演じる。

19歳のチェジウ(ハスンリ)は、浜辺で愛する人と恋を語る。



そして、いきなり弁護士事務所。


チェジウと、夫のチェウォニョンは、離婚に向けての書類を作成する。


一人息子が大学に入ったら、離婚するという公正証書だ。


だが、チェジウの考えは違う。


夫が離婚の原因とする、話が合わない、というのは、自分に教養がないせいだと考え、人文学を勉強するために、大学に入ろうと考えるのだ。


高校生たちが通う塾に通い、大学受験に向けての勉強をするチェジウ。


家事をしている間も勉強、夜はトイレにこもって一生けんめいに勉強する。

息子も受験生だ。


 

「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




一人息子を受験に送り出したあと、親友が車でチェジウを試験場に連れていく。


韓国の受験は、試験の点数が出たあとで、合格可能性とかを考慮して、各大学に願書を出願するシステムになっている。


チェジウは、夫が教授をしている大学に願書を出すが、結果は不合格。


息子も、夫の大学は不合格になり、第2志望の大学にようやく合格する。



チェジウはがっかりするが、補欠で合格した、との連絡を受ける。


くしくも、息子が合格したのと同じ大学だ。


喜ぶチェジウ。



1年5か月一生けんめい勉強して、ようやく勝ち取った合格だ。


だが、夫の反応は冷たい。


チェジウとしては、妻のチェジウが大学に入ったら喜んでくれると思ったのだ。


いつも、話が合わない、と夫に言われ続けたチェジウ。


大学に入って、心理学を学び、人文学の教養を身につければ、夫とも話が合うのでは、という期待はもろくも崩れる。


息子も、母親のチェジウと同じ大学なんて絶対にイヤだと拒絶する。


せっかく、夢を達成したのに、家族の反応にチェジウは落胆する。









韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ