おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」15話 ピョンヨハン(タンセ)はシンセギョン(プニ)と再会し、イバンジ(李芳地)になる ユンギュンサン(ムヒュル)の身長が高すぎて困ること



151019yooahin




韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」15話


ピョンヨハン(タンセ)は、自身の剣の腕で、サンボム・チョンドジョン(キムミョンミン)の危機を救う。



世の中を変えようとして、挫折したピョンヨハンは、生き別れになっていた妹のシンセギョン(プニ)と再会する。


キムミョンミンに、妹のシンセギョンと、ヨニだけは自分が連れて行くという。


だが、キムミョンミンは、「2人(プニとヨニ)の気持ちを変えることはできないだろう」と断言する。



キムミョンミンを信頼しているわけではないが、とにかく、世の中を変えることにかかわろうと決心するピョンヨハン。



チョンホジン(イソンゲ)は、ピョンヨハンを


 「これからは、自分の息子として迎える」


と告げる。


そして、ピョンヨハンの「タンセ」という名前の代わりに、

 

  李芳地 이방지

 イバンジ


という名前を与える。


これで、タンセ→イバンジ


になったわけだ。



ピョンヨハンが、チョンホジン(イソンゲ)に名前をつけてもらったのを見て、うらやましがるムヒュル。



ムヒュルは、韓国ドラマ「根の深い木」で、ソンハッキュ(世宗大王)の護衛の武士役で登場していた人物だ。


今までのところでは、このムヒュルは、背が高くて、ただ、ひょうきんなだけの人物だ。


 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー 第三章ー最終章ー [ノーカ…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」






ムヒュル役のユンギュンサンには、韓国ドラマ「ピノキオ」で、イジョンソクの兄役で出演していた、あのカッコいい面影はまったくない。


151212rokuryu-yoongyunsang



ただ、この後、ユンギュンサンも、これから活躍の場面が出てくるのだろう。


ユンギュンサンにとっては、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」で、六番目の龍・ムヒュル役に抜擢されたことは、すごいチャンスだと思う。




韓国ドラマ「ピノキオ」では、イジョンソクや、キムヨングァンなど、身長の高い(185cm以上)出演者に囲まれていたユンギュンサン。


この韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」では、ユンギュンサンだけが身長がとびぬけて高い(186cm)ので、カメラアングルにも、さまざまに工夫がこらされている。



特に、主演のユアインと1対1の場面では、ユアイン(イバンウォン)がすわっていたり、高い場所に立っていたり、と二人の身長差があまりはっきりしないように撮影されている。


他の出演メンバーに比べて、背が高すぎると、困ることもあるようだ。










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ