おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 第12話 ユアインの迫力に驚く !逆転に次ぐ逆転 ユアイン(イバンウォン)は生涯をともにする人物と出会う




151019yooahin


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 第12話


ユアイン(イバンウォン)は、イインギョムの策略により捕まる。


取り調べで、嘘の事実を告げ、ユアインの自白を誘導しようとする取り調べ官。


ここで2人が対峙(たいじ)する場面でのユアインの迫力がすごい。



取り調べ官は、戦闘で劣勢におちいったイソンゲ(ユアインの父)が、城に立てこもったが、生死は定かではない、と告げる。


だが、聡明なユアインは、その嘘を見やぶる。


  父は、今まで、ただの一度も、ろう城などしたことがない


と言い切るのだ。


この時のユアインの表情は、鬼気迫るものがある。


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」で主役は、キムミョンミンユアインだ。


 


 

江國香織の小説「東京タワー」原案!大人のラブストーリー。韓国ドラマ/密会 (DVD-BOX 2) 日本盤

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



政治の世界では、策略により、敵と味方が瞬時に入れ替わる。


仕掛けている側が、逆にしかけられたりするので、かたときも気がぬけない。


キムミョンミンは、義憤の念に燃える人物であると同時に、すぐれた策士でもある。



韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の中で、ユアインも、シンセギョンも、意志の強い若者を演じている。


シンセギョンは、韓国ドラマ「根の深い木」の時よりも、演技力にはるかに磨きがかかっている。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー 第三章ー最終章ー [ノーカ…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


シンセギョン扮するプニは、兄タンセ(後のイバンジ)と生き別れになり、そのことが、シンセギョンのつらい過去になっている。


タンセを演じているのは、ピョンヨハンだ。



ピョンヨハンは、キムミョンミン(チョンドジョン)を信じて行動し、腐敗した高麗を終わらせようとしたが、それが思い通りに行かず、チョンドジョンに失望する。


ピョンヨハン(イバンジ)にとってのつらい過去は、ヨニだ。


幼い頃に、それぞれいろんな場面で出会った若者たちが、高麗の首都・開京(ケギョン)に集まる。


大きな歴史の動きが少しずつ動き出すダイナミックさが、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の魅力だ。


ユアインは、捕らえられたが、そこで、生涯をともにする人物と出会うことになる。


このあざやかな展開も、12話の魅力のひとつだ。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ