おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 12話 イソンゲ(チョンホジン)が高麗の首都・開京(ケギョン)に登場 !イインギョムとの対決はすごい迫力




151207rokuryu-leeingeom2


韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 12話


イソンゲが遂に、高麗の首都・開京(ケギョン)にあらわれる。


イインギョムと対面するイソンゲ(李成桂)。


イソンゲは、弓を目の前に置いている。


イインギョムと、イソンゲ(チョンホジン)の貫禄の対決だ。



イソンゲは、チョンドジョン(キムミョンミン)が提案した「安辺策」(国境を安定させる政策)を取り下げようとしていたが、息子のイバンウォン(ユアイン)を逮捕されたことを知り、考えを変える。


イインギョムが自分たちに対して、たたかいを挑んできたのを受けて立つのだ。


しかけてきたたたかいは、絶対に避けないのが、イソンゲの家訓なのだ。



イインギョムの周囲には、護衛の兵士が何人も控えている。


イソンゲは、弓と矢を持つのみで、たった一人で対面している。



イソンゲが弓をつかんだ瞬間に、護衛の兵士たちは、いっせいに剣を抜いてかまえる。



だが、イソンゲは、

 弓は遠距離の武器だと思っているかもしれないが、自分の弓は違う。この弓の方が勝つのだ


と言い切る。



そのイソンゲの迫力に、イインギョムは、護衛の兵士たちに、剣をおさめるように命じる。



この二人の対決がすごい。


ユアインの演技もすばらしいが、やはり、歴史ドラマでは、ベテランの貫禄のある演技がなんともいえない



【楽天ブックスならいつでも送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー 第三章ー最終章ー [ノーカ…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




イソンゲ(チョンホジン)は、数々の戦闘で勝利をおさめ、その名声と民の信望は高い人物だ。


だから、高麗の官僚たちも一目を置かざるをえない人物なのだ。



そんなイソンゲが、政治の世界に入ってくることは、他の高麗の官僚たちにとては脅威でもある。


政治の世界とはかかわらない、と言っていたイソンゲが、息子であるイバンウォン(ユアイン)が捕らえられたことを契機に、政治の世界に入ることを決意する。


何やらこのあたりのえがき方が、現実の政治とオーバーラップして、おもしろさはつきない。











韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ