おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」第7話 名誉を回復するユジン 代表のキムミスクとも和解する





151118onegaiomama


韓国ドラマ「お願い、ママ」第7話


ユジンは、イサンウの協力で、会社の情報を流出した人物を突き止める。


その人物は、工場のユジンの直属の上司だった。


ユジンが、その上司の妻の病院に母がつくったおかずを持って行ったことで、心を動かされた上司は、自ら会社に出向いて、自分が情報を他社に売り渡したことを正直に話す。


疑いが晴れて喜ぶユジン。



ユジンとイサンウは、ユジンの家の近くのチキン屋で食事の約束をする。



ユジンが歩いていると、会社の代表のキムミスクが現れる。



誤解をして申し訳なかったと、ユジンに謝罪しに来たのだ。


尊敬し、憧れていたキムミスクの誤解が解けて喜ぶユジン。


二人は、抱擁する。



そのシーンを、橋を渡りながら偶然目撃する、ユジンの母のコドゥシム



コドゥシムは、頭の上に大きな荷物を載せて歩いていた。


 「どこの母子か知らないけれど、仲がよさそうでいいわ」


とほほえましく見ていたのだが、よく見ると、娘の方は、自分の娘のユジンである。



そして、ユジンと抱き合っているのが、会社の代表のキムミスクであることに気づき、コドゥシムは腹を立てる。


 「自分の娘を疑っておいて、今度はまた親しげにして。。。」


だが、娘があまりにもうれしそうに笑っているので、躊躇する。



また、イサンウも、ユジンとの食事の約束で、ユジンの家の近くに来ていた。


そして、母のキムミスクとユジンが抱擁しているシーンを見る。


それは、イサンウにとってはうれしいことだが、母にはまだ、ユジンと知り合いであることを知られたくないので、思わず身を隠すのだ。











韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ