おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」第5話 ユジンの父キムガプスの危機をキムミスクの息子イサンウが救う


151118onegaiomama

韓国ドラマ「お願い、ママ」第5話

ユジンと母のコドゥシムが洋服店を出ると、ユジンの携帯に電話がかかって来る。

 

電話は、警察からだった。

父のキムガプスがトラブルに巻き込まれたという電話だ。

急いで警察署にかけつけるユジンと母のコドゥシム

 

今回の件は、父のキムガプスには非がないのだが、「父がキャバレーで一緒にダンスを踊っていた人妻とは今日はじめて会った」と言っても信じてもらえない。

だが、結局、弁護士の兄オミンソクが来て、父に非がないことが警察にわかり、家に帰ることができることに。

ユジンは、イサンウのことが気になるが、兄はイサンウのことまでかまう必要はない、という立場だ。

イサンウは、母のキムミスクに連絡するのがいやで、友人に連絡を取るが、友人は地方に出ていて来られないという。

 

どろあわわシリーズ


 

だが、友人から連絡をもらったキムミスクが、警察署に駆けつける。

ちょうど、ユジンたちが署を出るのと入れ違いだ。

兄のオミンソクは、ローファームのオーナーにすぐに迎えに来てくれといわれ、家族と別れる。

 

そこにキムミスクが現れたのだ。

兄のオミンソクは、キムミスクを知っているようすだ。キムミスクが署に入っていくのを見て、あとを追う。

そして、キムミスクとイサンウが親子であることを知って、弁護士であると言って近づく。

この兄のオミンソクは、徹底して功利的な人間だ。

さっき、ユジンが頼んだ時には、知らん顔していたのに、イサンウが金持ちの息子と知って近づいているわけだ。

イサンウのことが心配で、差し入れを買って、あとからまた署に来たユジンは、イサンウが釈放されたことを知る。

それも、兄のオミンソクが手助けしたことを知って驚く。

ユジンは、兄の下心を知らないし、ユジンが憧れの人であるキムミスクが、イサンウの母親であることもここではまだ知らない。












韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ