おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」第4話 何をやってもヘマばかりのユジンの父キムガプス でもなぜか憎めない ユジンと母コドゥシムは和解とケンカを繰り返す



151118onegaiomama
韓国ドラマ「お願い、ママ」第4話

 

ユジンの兄は、母コドゥシムの店の件で、母の再契約のためにに自分のなけなしのお金をはたいた妹のたユジンを、逆にひどい言葉で責め、父に平手打ちをくらう。

兄のオミンソクは、自分の情けなさをよく自覚していた。

 

そして、覚悟を決めて、ぜったいに頭を下げたくなかった、ローファームのオーナーに頭を下げて、以前の事務所に復帰する。

 

また、このオーナーがにくたらしい。オミンソクと同級生なのだが、オミンソクが自分にペコペコしないのが気に入らないのだ。

自分のプライドを捨て、現実的な選択肢を選んだ兄のオミンソク。

 

ユジンの父のキムガプスは、妻のコドゥシムから「10万でもいいから、外で稼いで来たら」と言われ、家を飛び出す。

 

結局働きに行ったところは、キャバレーだった。

キャバレーで、人妻と一緒にダンスを踊っているところに、その女性の夫(いかつい系の人物だ)とその子分が現れ、迫って来たので、ユジンの父(キムガプス)は外に逃げる。

走って逃げているところに、偶然、仕事で路上に車をとめていたイサンウと鉢合わせする。

 

イサンウは、一方的にやられているキムガプスを見て助けに入る。

 

どろあわわシリーズ


 
 

一方、コドゥシムは、工場の天井からパイプの排水を浴びてダメになった娘ユジンの服を見て、ユジンを洋服店に連れて行く。

そして、ユジンに服を買ってやるのだ。

ユジンは、「気に入らない」と言いながらも喜んでいる。

 

ところが、帰り際に、スーツを見つけた母のコドゥシムは、「おまえのオッパ(兄さん)に似合いそうだわ」と言って、そのスーツのタグを見る。

そのスーツは5万以上もするものだった。(ユジンに買ってあげた服は、たぶんそれより安い 笑)

そして、ユジンに「カードちょっと貸して。あとで家に帰ったら返すから」という。

 

その母の言葉に怒るユジン。

「オンマ(母さん)はいつもそうなのよ。オッパ(兄さん)のことばっかり気にして。この服もいらないから、これを返品して買えば!」と店を出ていく。

あわてて、娘を追いかけるコドゥシム

そこへ、警察からユジンの携帯に電話がかかって来る。。。

 

親としては、どの子もかわいいのだが、一度こじれてしまうと、親子でも誤解が誤解を生んで、お互いの気持ちが空回りしてしまうということなのだろう。

 

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ