おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳(はたち)」 第2話 チェジウ アラフォー女優の魅力! 「人生は一度きり」の言葉に勇気をえて大学生になる


151113choijiwoo

韓国ドラマ「2度目の二十歳」第2話

チェジウ(ハノラ)は、38歳の主婦。

夫と、大学生になった息子の3人家族だ。

夫は、大学教授。

だが、夫からは離婚を言い渡されている。

弁護士を通して、離婚の公正証書まで作成した。

夫が、妻のチェジウに告げる、離婚の理由は、

 

話が合わない

통화가 안된다

 

というもの。

 

チェジウが話す言葉の文法的なまちがいが、夫には許せない。

だが、夫が離婚を望む本当の理由は、もっと別のところにあるのだが。。。

 

チェジウは、離婚を避けるために、家族に内緒で受験の予備校に通い、猛勉強する。

その結果、第一志望だった、夫が勤める大学には不合格となったものの、息子の同じ大学に合格する。

だが、息子は、母と同じ大学に通うなんてとんでもない、と怒る。

 

病院で定期検査を受けたチェジウは、他の患者と間違われ、すい臓ガンで余命6ヶ月との宣告を受ける。

名前の発音が同じであったため、他の患者の順番で入ってしまったのだ。

夫とも不仲、息子とも会話がない。

家族の中で、どこにも心をおく居場所がない上に、余命宣告とは。

 

ショックを受けたチェジウは、大学なんか行ってられない、と思う。

 



「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

入学金の返金を受けるために行った大学で、学生たちのパフォーマンスを見る。

 

선택은 자기 몫

選択は、自分がするもの

 

인생은 한번이다

人生は一度きりだ

 

という言葉に感銘を受け、やはり大学に行こうと決心する。

 

入学手続きのためには、追加のお金を納入しなければならない。

チェジウは、ハルモニ(おばあさん)が、チェジウの大学用にと貯めてくれたお金を取りに帰る。

 

ハルモニは、枕の中に、コツコツと毎日お金を貯めてくれていた。

チェジウの枕カバーをはずすと、韓国風の枕があらわれる。

それをほどくと、そばがらの中にたくさんの丸めた札が入っている。

 

このシーンを見て、なぜか、今見ている

「応答せよ 1988 原題 응답하라 1988」

を思い出した。

ハルモニが自分のためにためてくれていたお金で、

2度目の二十歳=40歳

を前に、大学に入学する、という事実に喜びを感じるチェジウ(ハノラ)だった。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ