おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 第12話 チェジウ(ハノラ)を支える イサンユン(チャヒョンソク)は、女性にとって理想の男性像



160104leesangyoon

韓国ドラマ 「2度目の二十歳 原題 두번째 스무살」


最初は、チェジウが主演の恋愛ドラマだと思っていた。



だが、登場するチェジウ(ハノラ)はいつものチェジウとはまったく違う。


特に夫の前に立つ時のチェジウは、つねに伏し目がち。


夫はいつもチェジウに言いたい放題。


大学教授なので、いろんなボキャブラリーを駆使してチェジウを論破するのだが、そのやり方がまた憎たらしい。


だが、イサンユン(チャヒョンソク)の前では、高校生の頃と同じように、はっきりものを言うチェジウ。


この

 極端から極端

への演技が、「2度目の二十歳」の魅力だ。


 

【10%OFF】送料無料!!新品未開封【DVD】誘惑 DVD-BOX1チェジウ/クォンサンウ [OPSD-B560]


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」





イサンユンは、チェジウが通うウチョン大学の教授として登場する。演出家としても認められた人物だ。


つまり、社会的にも成功していて、イケメンという設定。


なのに、それを感じさせない。


イサンユンのチェジウに対する態度も二転三転する。


最初は冷たくあたり、余命宣告を知って優しくなり、それが誤診と知ってまた冷たくなり、


と次々に変わる。


その変化をイサンユンがうまく演じているので、まったく違和感がない。


チェジウとしては、ころころ変わるイサンユンの態度について行けない。


チェジウも家庭では、夫との離婚問題を抱えているし、イサンユンの自分に対する複雑な感情など知るよしもない。


見ているものには、そのチェジウのとまどいもわかるし、イサンユンの複雑な気持ちもわかる。


ドラマが回を重ねるうちに、自然に「2度目の二十歳」の世界に引きこまれていく。



イサンユンは、態度はころころ変わるが、重いやりのある男だ。


特に、チェジウが、たいせつなハルモニのことを思って悲しんでいることを知ると、トッポッキ屋をしている友だちに、


 そっと泣かせてやってくれ


という。


そして、その後、自分の事務所に現れたチェジウには、

 外で会議をしよう

と言って、助手と3人で、キャンプ場に連れ出す。


チェジウには、自分の戯曲を読むように言って、イサンユンが全部準備をして料理も作る。



花札でもわざとチェジウを勝たせて気分よくさせて、皿洗いを引き受ける。


相手に負担を与えず、元気を出させる、その思いやりがなんともいえない。



「2度目の二十歳」12話を見ていて、イサンユンが完全に、韓国ドラマに出てくる理想の男性であることに気づく。


特にチェジウの夫のチェウォニョン(キムウチョル)が徹底して利己的な人間なので、いっそう引き立つのだ。








韓国ドラマ ブログランキングへ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ