おすすめ 韓国ドラマ「2度目の二十歳(はたち)」 チェジウの役名は「ノラ」 なぜか幸せではないその日常 「人形の家」(イプセン)の主人公と同じ


151113choijiwoo



韓国ドラマ「2度目の二十歳(はたち) 原題 두번째 스무살」


チェジウは、大学教授の夫と大学生の息子の3人暮らし。

チェジウの生活ぶりを見ていると、派手ではないが、経済的には豊かだ。

韓国の中流層といえる。

キッチンは明るく、鍋も今はやりの輸入物のおしゃれなタイプだ。

チゲやサムギョプサルが出てくる感じではない。

だが、チェジウの生活はつつましい。

地下鉄やバスで移動し、外車を乗り回す、金持ちのサモニム(奥様)ではない。

チェジウのファッションも地味だ。

それで、大学では、学生たちにバカにされるのだが。

息子は大きくなり、母親をわずらわしがる年齢になる。


 

「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



夫は、妻と離婚したがっている。(そこには、別の思惑があるのだが)

チェジウは、恵まれた環境にあるように見えるのに、その実、少しも幸せではない。

「2度目の二十歳」での、チェジウの役名は、

ハノラ

ノラというのは、おそらく、イプセンの

「人形の家」

の主人公ノラから取っているのだと思う。

「人形の家」の主人公のノラは、弁護士の夫にただ可愛がられる存在。

夫は妻を、一人の人格をもった人間としてではなく、モノのように愛する。

そんな中で、ノラは人間として目覚め、やがて家を出る。そんな話だ。

 

「2度目の二十歳」のチェジウ(ハ・ノラ)も、夫との「人形の家」から旅立っていくのだろうか。

「人形の家」も、女性として自立する、一人の女性の姿をえがいた小説だ。

大学教授の夫は、妻をむげに扱う。

妻が何を考えているのか、何に悩み、どんなことに喜びを感じるのか全く興味がない。

そんな中で、それでも家庭を維持しようと努力するチェジウの試みは、少しも認められない。

若くして結婚し、夫と家庭がすべてだったチェジウ(ハノラ)。

そんなチェジウが、2度目の二十歳(=40歳)を前にして大学に入る。

そこで、若い学生たちに混じって学ぶことが、チェジウの人生を変えていくのだろうか。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ