おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 9話 チェジウ(ハノラ)は、学園祭の舞台に立つ 過ぎ去った青春の夢を思い出して涙する イサンユン(チャヒョンソク)は、チェジウの姿のときめき動揺する



151113choijiwoo




韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 9話


チェジウ(ハノラ)は、ダンスサークルのメンバーだ。


学園祭でダンスサークルが出演する舞台に、急きょ出演することになる。


踊りながら、生き生きとして行くチェジウ


そんなチェジウを見て驚く2人の男性がいた。


かつての高校の同級生であるイサンユン(チャヒョンソク)と、夫のチェウォニョン(キムウチョル)だ。



イサンユンは、あまりにも輝いているチェジウを見て、昔の熱い想いがよみがえる。


イサンユンは、かつて、チェジウのことが好きで告白の手紙まで書いていたのだ。


夫のチェウォニョンもまた、しばらく忘れていた妻の姿に驚いている。


夫の心は、チェジウとの結婚生活を終わりにして、理事長の娘であるキムイジンと再婚し、立身出世を図ろうという野望と、輝きを取り戻した妻を手放したくない、という未練との間で揺れ動く。



学園祭が終わり、誰もいない舞台に立つチェジウ



 

【10%OFF】送料無料!!新品未開封【DVD】誘惑 DVD-BOX1チェジウ/クォンサンウ [OPSD-B560]


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」





そこに、10代の自分の姿を見る。


若さをぶつけて、踊るかつての自分だ。


その過去の自分を見ながら涙するチェジウ。



チェジウは、青春の時間は終わったことを実感する。



そして、親友のチョンスヨン(ラユニョン)に、


 「私の夢は終わったのね。今、私は38才で、あの頃の夢をまた追いかけることはできない。。。」


と複雑な心境を打ち明ける。



この感情は、若くして結婚し、子育てと家庭にすべてを捧げて来た女性のすべてが共感するものではないだろうか。


チェジウの韓国ドラマ「2度目の二十歳」が、同年代の女性たちに多く支持されたのも、そんな背景があるのだと思う。


人は、行動することによって、何かを捨てることをうながされる。


チェジウは、ダンスサークルに入って、舞台に立ったことで、逆に、過去の夢は終わったことを実感することになるのだ。



SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム











韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ