おすすめ 韓国ドラマ「2度目の二十歳」 第3話 新入生歓迎会で教授のパワハラに抗議するチェジウ(ハノラ) 喝采を浴びるも、すぐに「왕따(ワンタ)」されて窮地に


151113choijiwoo

韓国ドラマ「2度目の二十歳」 第3話


チェジウ(ハノラ)は、かつての自分の夢を追求するために、大学のダンス部に入ることを決意する。


だが、そこの部長(ノヨンハク)は、チェジウより11歳も年下だ。

遅れて来た新入生のチェジウに誰もが冷たい。


それでもチェジウはあきらめずにクラブに入ろうとする。



新入生歓迎会に参加したチェジウ


息子の年齢と同じくらいの新入生の中で、チェジウは浮いている。


そんな中に教授が入ってくる。


セクハラで有名な年配の教授だ。


女子大生たちは、次々にトイレに避難。


それでもしつこく、女子大生に接近しようとする教授。


 

「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


その様子をじっと見ていたチェジウは、昔高校生の時に、そんな人間をぎゃふんと言わせたことを思い出す。


そして、見るに見かねて立ち上がり、

 教授、それはセクハラです


と抗議する。


チェジウの勇気ある行動に赤面した教授は、開き直って席を立つ。


チェジウに救われた女子大生たちは、チェジウを囲んで乾杯する。


でも、それもつかの間。



今の韓国は就職難だ。教授は学生の就職に関して大きな力を持っている。


教授が不当な行動をとっても、教授ににらまれると、いいところに就職できないので、機嫌とりをするしかないのだ。


教授の行為は、セクハラであり、パワハラだ。


だから、教授に抗議したチェジウが逆に悪者になってしまう。


大学の講義の教室が変わっても、チェジウには連絡が来ない。


そんな様子を察したのが、ダンス部部長のノヨンハク(役名 ナスンナム)だ。

 

ノヨンハク自身が、チェジウをいちばん敬遠していたのだが、集団でチェジウを


    왕따 (のけ者にすること)


しているのを見かねて、そんな卑怯な行為をする新入生たちを叱る。


その様子を教室の入り口の近くでそっと見ているチェジウ。



チェジウは、この「2度目の二十歳」で、今までにない姿を見せている。


このドラマをずっと見ていると、チェジウに共感し、だんだんチェジウのことが好きになってくるのだ。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ