おすすめ 韓国ドラマ 「2度目の二十歳」 8話 チェジウ(ハノラ)は、金持ち風に変装して友人チンギス(パクスヒョン)のバイト先にノヨンハク(ナスンナム)と乗り込んで社長を追いつめる



151113choijiwoo


韓国ドラマ 「2度目の二十歳」第8話 


チェジウ(ハノラ)は、ウチョン大の友人であるチンギジュ(パクスンヒョン)の顔色がよくないので心配する。


チンギジュは、苦学生だ。


地方からソウルに上京して一人暮らしをし、バイトをかけもちしながら、学費を稼いでいる。


そんなチンジュが、バイト先の社長が、最後の給料から7000円も差し引いて来たというではないか。


それを聞いて憤慨したチェジウは、一計を案じる。


ダンスサークルの先輩であるノヨンハク(ナスンナム)と、イサンユン(チャヒョンソク)に声をかけて協力を依頼。


イサンユンの車をチェジウが運転。

ノヨンハク、チンギジュと3人で、バイト先の店に乗り込む。


チェジウは、黒いドレスを着て、金持ちのサモニム(奥様)風に変装。


サークルの先輩のノヨンハクは、スーツを着て、連絡用の耳にはイヤホンをさしている。



1601032domenohatachi8


バイト先の社長は、チェジウの「財閥の奥様風」の雰囲気に圧倒される。


「弁護士が10分後に到着する」


とノヨンハクに言わせながら、社長に出勤簿を持ってこさせる。


社長は、辞めたバイトのチンギスの母親がチェジウだと思い、その権幕に圧倒されて、踏み倒そうとしたバイト代を払う。


店を出て、演技が成功したことに喜ぶ3人。


ダンスサークルの先輩であるノヨンハクは、

  どうしてそんなに演技がうまいんですか?

と聞く。


チェジウは、恥ずかしそうに笑って、


  韓国ドラマでよくあるでしょ?

  ドラマをよく見て暮らしたから


と照れる。


この素朴なチェジウの表情が魅力的だ。


「韓国ドラマを人よりもよく見て暮らした」というところに、別の意味で、チェジウ(ハノラ)の孤独な結婚生活がうかがえたりもする。


同級生たちも、チェジウの、頼りがいのある

 オン二 언니(お姉さん)

としての一面に驚く。

そして、チェジウと若い学生たちとの間に仲間意識が高まっていくのだ。







韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ