韓国ドラマで学ぶ韓国語「オブバ」って何?日本語の「おんぶ」の語源は、韓国語の「オブバ」だった?!


151009baekjeeyoung

韓国ドラマ「密会」キムヒエユアイン)が日本でもじわじわ人気を呼んでいる。

このドラマの脚本を書いたのがチョンソンジュ、演出がアンパンソク。

そして、この2人のゴールデンコンビの次の作品が、

韓国ドラマ「噂で聞いた」(ユジュンサン・ユホジョン・コアソン・イジュン)

今年の春から放映され、話題を呼んだ韓国ドラマだ。

このドラマが話題を呼んだのは、未成年で子どもを生み、結婚する、というストーリーもあるが、韓国で有名な女性アンカーである

ペクチヨン

が、俳優として、はじめてドラマに出演したこともある。

ペクチヨンは、MBCのニュースアンカーを、女性として最年少かつ最長期間つとめた人物だ。

美しくよく通る声と、正確なレポートは有名だった。

延世大学時代は、

ヨンデ(延世大)のブルックシールズ

と呼ばれたほど。

173cmの身長と、脚の長さが有名だったという。


151009baekjeeyoung-obuba

この韓国ドラマ「噂で聞いた」の中で、ペクチヨンは、ユジュンサンが昔から好きだった人物という設定だ。

そして、ドラマの中で、二人が戸外でデートするシーンが出てくる。

ユジュンサンが、ペクチヨンをおんぶするのだ。

それをつたえる韓国のサイトの記事を見ると、

어부바 데이트   オブバデート

となっている。

「オブバ」は、「オボバ 업어봐」から来た言葉で、背中に背負うこと。つまり、

おんぶ

だ。

オブバ VS おんぶ

似ているではないか。

だいたい、「おんぶ」という言葉がどこから来たか、考えてみれば不思議なことだ。

調べると、「オブバ」は純粋な韓国語とされている。

日本語のおんぶは絶対オブバから来ている、というのが、私の今のところの読みである。

こんな発見があるので、韓国語を勉強するのは楽しい。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ