【マザー】イボヨンVS コヒョンジョン(「リターン」)女優対決はイボヨンの完勝【ヘナ役のホユルが切ない】


【比較】「マザー」VS「リターン」 イボヨンの完勝


韓国ドラマ「マザー」

イボヨン主演のドラマ。

当ブログ管理人・ぽぽろんイチオシの
  •  tvNのドラマ
だ。

2018年1月のほぼ同じ時期に、

コヒョンジョン主演の韓国ドラマ「リターン」もスタートしている。

イボヨンとコヒョンジョンという、二人の韓国女優が主演するドラマということでどちらも注目されている。

第一話を見終わったところで、すでに勝負はついた気がした。

もちろん、イボヨン主演の韓国ドラマ「マザー」の圧勝である。

→結果的にコヒョンジョンはドラマ「リターン」から途中降板という残念な結果になった。

【コヒョンジョン】ドラマ「リターン」突然降板の理由とイジヌクの失望【韓国ドラマの真相】

【リターン】 コヒョンジョン イジヌク ドラマ出演で「事件」から復活のシナリオが消えた日【失敗の本当の理由】



タイトル「マザー」韓国語の意味


韓国ドラマ「マザー」の原題は、
  •  마더
これはもちろん英語の
  •  mother 母親
からとっているはず。

でも、ここでふと、ウォンビン主演の

韓国映画「母なる証明」の原題も、同じく
  •  마더
だったことを思い起こす必要がある。


ウォンビンの韓国映画「母なる証明」では、

原題の마더が

英語でいうところの
  • mother 母
  • murder 殺人
という二つの言葉をかけている、と言われていた。

韓流スターウォンビンに見る「兵役後」を生き延びるための戦略 アイドル路線ではもはや勝ち残れない「不都合な真実」

【韓国映画】レンタルで見るおすすめ〈ベスト10〉ツタヤになくても今すぐ見る方法【癒されたいあなたに】



イボヨン主演の韓国ドラマ「マザー」も、ひょっとしたら、その二つの意味をかけている可能性がある。

イボヨンとホユルの出会い


イボヨンが母親役で出演するのかと思ったらそうではなかった。

イボヨンは渡り鳥の生態を研究している。

だが、ひょんなことから、ある小学校で教鞭をとることになる。

学者として研究ばかりしているイボヨンにとって、最近の小学生の感性はとまどうことばかりだ。

同僚の教師の助言で、以前クラスで育てていたオチョリ(アヒルの名前)が死んだので、天国にいるオチョリに手紙を書く課題を課すことをすすめられる。

イボヨンは、そのアドバイス通り生徒たちに、「オチョリに送る手紙」を書かせる。

でも一人の女生徒ヘナの作文用紙は白紙のままだ。

キムヘナ【役名 ホユル】は、
  • 「天国はないし、オチョリは死んだから手紙を読むこともできない」
という。

この女生徒の家庭が複雑で、そのことからイボヨンとホユルは心の交流を重ねることになる。



「マザー」のテーマと児童虐待


ホユルの母親はシングルマザー。

同居している男性がいる。

そして、ホユルはこの男性から虐待を受けていることが次第に明らかになる。

ホユルの母親は娘の子育てを放棄している。つまりネグレクト(育児放棄)だ。

児童虐待という、深刻で重いテーマ。

その現実と直面した時の、イボヨンの複雑な表情。

イボヨンは、微妙な感情の変化をみごとに演じている。

ちょっと暗い雰囲気を漂わせているところがまたいい。

少女ヘナ役ホユルの演技のうまさに驚く


すばらしいのは、この女生徒ヘナ役のホユルの演技だ。

どこにでもいるような、普通の女の子。

暗くもなく、明るくもない。

この演技がうますぎるので、どんどんドラマの中に引きこまれてしまう。

【マザー】イボヨン 子役ホユル の演技が泣ける おすすめ 韓国ドラマ【 日本版よりおもしろい】

【マザー】第2話 韓国ドラマで比較 芦田愛菜よりうまい 子役 ホユルの演技【ユンボギという名前の秘密】
海の近くの街。

波の上を飛ぶ鳥。

画面がかぎりなく美しく、韓国映画の一場面のようだ。

さすが、tvNだ。

tvNの韓国ドラマを見ると、韓国の普通の地上波のドラマが、とても軽く見えてしまう。

実際、コヒョンジョンの韓国ドラマ「リターン」も、1・2話を見終えたところでは、のめり込める要素がまったくない。

【リターン】コヒョンジョン あやし過ぎるけど、続きがたまらなく見たくなる韓国ドラマ【3話から面白くなります】
でも、イボヨンの韓国ドラマ「マザー」は違う。

イボヨン自身も、母親との間になんらかの葛藤を抱えていることが、わかってくる。

ホユルの演技があまりにもけなげで、見ていてつらくなる。

ホユルの母親の同居の男ソンンソククも不気味な雰囲気を漂わせまくっている。

ドラマ「マザー」で、ホユル【役名 ヘナ】の母親役の女優コソンヒと、その同居人を演じたソンソククが、ドラマ「SUITS /スーツ~運命の選択」で共演していてちょっとびっくりした。

【SUITS /スーツ~運命の選択】比較 韓国ドラマの方がガチで見ごたえある理由【鈴木保奈美がいないからです】

オンマの得意料理は「トッポッキ」と答えるホユル


小学生が外にいる時間帯ではないのにひとりで夜の道路沿いにすわっているホユルを見て、自分のマンションに連れて帰るイボヨン。

カレーをつくって一緒に食べる。

それをおいしそうに食べるホユル。

すかざず、
  • 「私のオンマ(お母さん)も料理が上手なんですよ」
という。

イボヨンが、
  • 「オンマはどんな料理が得意なの?」
と聞くと、一瞬口ごもるホユル。

そして、
  • 「トッポッキ」
と答える。

ホユルが話す
  • オンマが得意な料理
は、すべて、出前ができる料理ばかりだった。

ホユルは出前のチラシを音読して、ハングルを勉強しているからだ。

なんだか切なくなってくるシーンだ。

少女の何気ない言葉や表情から、イボヨンは、ホユルが置かれている状況を察知する。

「オンマを捨てる」イボヨンとホユルの決意



 

1話の終わりで、イボヨンが少女に言うセリフがいい。
  • 네가 엄마를 버리는거야
  • あなたがお母さんを捨てるのよ
母とは何か。

そんな深いテーマを、韓国ドラマ「マザー」は投げかけている。

1話を見終えた瞬間から、続きが見たくてたまらなくなる。

ようやく「はまる」韓国ドラマに出会えたようだ。

【マザー】イボヨン 子役ホユル の演技が泣ける おすすめ 韓国ドラマ【 日本版よりおもしろい】

【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
【韓国女優】おすすめの顔脱毛 今すぐピカピカ つるつる 光る肌になる方法 【ぷるぷる肌になります】





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ