イジョンジェ 韓国俳優の中でいちばんセクシーな男 観客動員数1000万人突破 韓国映画「暗殺」のために2か月で15キロのダイエットで 俳優として致命的な「ダメージ」それはなんと「○○」だった



151004leejeongjae

イジョンジェといえば、きたえられた肉体で有名だ。


韓国の俳優たちは、みな、体を鍛えているが、その中でも、イジョンジェの肉体の美しさは群を抜いている。

イジョンジェは1973年生まれ。

今年、42歳だ。


そんなイジョンジェだが、生まれた時は小さかったという。

高校のころから運動をして、筋肉を鍛え始めた。

高校1年の時から今まで、体重はずっと70キロ前半を維持している。


若い頃は、「セクシー」な俳優と呼ばれることがとても恥ずかしかったが、今はそれがとてもうれしい、という。

来年は、ラブストーリーに出演したいという抱負をもっている。


そんなイジョンジェが、1000万人の観客動員数を記録した、韓国映画「暗殺」(チョンジヒョン)では、ヨムソクチンという人物を演じるため、に体重を15キロ減量し

63キロにまで落とした。

映画の撮影に入り、抜け毛がひどくなったため、心配して皮膚科に行った。



151004leejeonjae-amsaldiet

皮膚科の医師の話によると、ダイエットによる副作用の1位が

 脱毛

だという。

その言葉を聞いてすぐにでもダイエットを中止したかった、とイジョンジェは笑っていた。


イジョンジェが、そこまで苛酷なダイエットをしたのは、韓国映画「暗殺」で、ヨムソクチンという人物の、20代から60代にわたるさまざまな姿を演じるためだ。

老人役を演じるために、筋肉をつけてはいけないので、運動もできなかった。

食事制限を並行して行い、一日にプチトマト5個、アーモンド5個、たまご2個、唐辛子2本を毎朝ビニール袋に入れて撮影所に出かけた。

塩はいっさい使用しなかった。


こうやって作ったダイエットメニューを5袋用意し、1日5回に分けて食べ、2か月間で15キロの減量に成功した。


韓国映画「ビッグマッチ」の撮影に入る前は、逆に体重を増やすために、午前中はウェイトトレーニングを中心にきたえ、

午後に格闘技の訓練をした。

この時は、運動量が多すぎて、逆に思ったほど体重が減らなかったという。


体重を増やすのも減らすのもたいへんだが、映画のために体重を15キロも減量したイジョンジェの俳優としてプロ意識の高さに、韓国では賞賛の声が高まっている。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ