韓国語 リスニング 聞き取りのコツ わからないときはネットで「聞こえた通りの発音」で検索してみると意外と答えが出てくるよ


151008monterida

韓国語の聞き取りで、むずかしいのは、知らない言葉ではなく、逆によく知っているかんたんな表現であることが多い。

ネイティブなら、素直に聞き取るところを、むずかしく考えすぎて、わからなくなってしまっている。

音だけで聞き取れない時は、文脈で判断するしかない。

前の表現がこうだから、次はたぶん、こういう意味のことを言っているのだろう、と考えていくのだ。

ただ、知らない表現は聞き取れない。

私が以前、韓国ドラマ「密会」(キムヒエ・ユアイン)を見ていてどうしてもわからないところがあった。

たぶん、14話だったと思う。

ユアインが、キムヒエの家のピアノがある部屋にいる。

リビングでは、客がたくさん訪れてパーティーが開かれている。

そこへ、キムヒエの夫の大学の助手であるホジョンドが入って来て、ユアインに声をかける。

〇때리냐?

よくわからないので、〇の部分に適当に聞こえたハングルを入れて、ネットで検索してみた。

そうすると、

「멍때리다ではありませんか?」

と正しい表現が出てきた。

멍때리다 ぼーっとする

という意味で、若い人の間でよく使われる俗語的な表現だ。


150927Korean-study

멍하다  同じく「ぼーっとする」という意味の韓国語の辞書に載っている表現

という言葉は知っていても、その俗語的な表現である「멍때리다」は知らなかったわけだ。

ただ、こうやって、聞き取りで発見した言葉は、一度知ると、次からはまちがいなく聞き取れるようになる。

だから、リスニングできない言葉、表現に出会った時は、2つの方向で考えるのがいい。

1 実はかんたんな表現ではないか、と考えてみる

2 ネットで、自分の耳に聞こえたとおりの韓国語を入力して、それに近い表現を探してみる

それでもわからない時は、ペンディングにして放っておく。

それが、次に、別の韓国ドラマに出て来て、一気にわかるときもあるからだ。

深追いせず、ほどほどでやめておくのが、長続きの秘訣だ。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ