韓国語の単語の覚え方 まず敬語をマスターしよう! 迷った時はていねいな表現を


150910korean-study-hajimega-subete

韓国語は、ある程度基礎ができたら、単語と表現を増やすことで、どんどんネイティブに近づいていく。


その時に、あまりくだけた表現はできるだけ使わない方がいい。

一応、韓国語の知識としては知っているが、自分では使わない、というのがいい。

それよりは、きちんとした表現を身につけることに集中しよう。

くだけた表現は、基本をきちんとわかったあとで、親しい間柄で使うのでなければ、誤解を生むおそれがあるからだ。


韓国では、特に目上の人に対する敬語の使い方が厳格なので、ていねいな表現をきちんと身につけることの方がたいせつだ。


韓国語の入門では、テキストに出てくる単語はすべて覚える。

日常の生活で使う単語にかんしては、とにかく繰り返して自分のものにするしかない。

だが、その後は、韓国語の単語だけでなく、韓国語の表現を覚えるのがよい。



150915-Korean-study-daily


単語という、短い単位ではなく、表現という大きな枠で韓国語を覚えるのだ。

そうすると、シチュエーションに適した、こなれた韓国語表現のストックが、自分の中にたまっていく。

こういう、自然な韓国語表現を覚えるのにぴったりなのが、

 韓国ドラマ

だ。


韓国ドラマを見て、家族の会話、上司に対する話し方、友だちに対する言葉、など、いろんな表現を、シチュエーションとともに覚えていく。

そうすると、実際に韓国語を使う場面でも、とんちんかんなまちがいをすることがなくなる。


とにかく、わからないうちは、ていねいな表現を使うのがいい。

ていねいな表現をきちんとできる人は、韓国では評価されるのだ。

日本でも、買い物の時でも、ぞんざいな言葉ではなく、ていねいな言葉を使うと、コミュニケーションがスムーズになる。

まして、韓国語ならなおさらだ。

韓国語の敬語をきちんと身につけるのを最優先しよう。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ