韓国語の検定試験 「韓国語能力試験(TOPIK)」「ハングル検定 」に合格する勉強法


150923Korean-tango-kaku

韓国語の試験で「腕試し」を

韓国語の勉強が進んで来たら、腕試しに

韓国語の検定試験

を受けることをおすすめ。

日本で受けることのできる韓国語の検定試験としては、

韓国語能力試験(TOPIK)



ハングル検定

がある。

韓国語能力試験は、韓国政府が実施するもので、韓国語を学ぶすべての人向けにつくられている。

だから、当然、問題文もすべて韓国語で書かれている。

いわば、韓国語のTOEICのような感じだ。

また、韓国語の作文があるのも特徴。

とにかく問題文の分量が多く、スピード感が要求される。

問題文をすべて読んでいてはとても間に合わないので、

まず最初に設問を見て

設問に関係ありそうなところだけ読む

という方法で行くのがいい。

 

韓国語能力試験(TOPIK)はスピードが命

韓国語能力試験(TOPIK)は、速さが要求される試験ではあるが、問題自体は素直なので、

勉強したことがもろに反映される

特徴がある。

 

リスニングに関しては、音が流れている時に、問題用紙にメモすることをおすすめ。

私はこの方法で、韓国語能力試験6級のリスニングで

満点

をとった。

私が受けた教室にいた人の中で、メモをとっている人はいなかった。

なぜ、取らないのか不思議だ。

リスニングの場合、聞き逃したら終わりなので、事前に過去問を研究し、練習しておくべきだと思う。

韓国ドラマをたくさん見ている人なら、内容自体はそれほど難しくない。

150927headphone

 

ハングル検定の特徴

韓国語能力試験に対し、ハングル能力検定は、日本語を母語とする人たち向けの韓国語の試験だ。

最上級の1級はかなり難しい。

特に文法問題など、ネイティブでも知らないような表現が出たりするから要注意だ。

このへんは、過去問をくり返し解くことで、肌で慣れるしかない。

また、ハングル検定1級の場合(2級も)面接試験もある。

面接試験は、A41枚の韓国語の文章が与えられ、その内容について、試験官が韓国語で質問する。

少々わからないところがあっても、自信たっぷりに、知ったかぶりして答えることをおすすめする。

堂々としていると、何となく試験官の方も

こいつはデキる

と思ってくれる(私はそう信じていた)ものだ。

 

検定受験がきっかけで、韓国語の力がグレードアップ!

ハングル検定1級と韓国語能力試験6級を受験し、どちらも1回で合格した。

ただ、ハングル検定1級の方は、合格ラインも厳しい(筆記試験で「7割」得点する必要がある)ので、はっきり言って自信がなかった。

ハングル検定1級の受験のために、韓国語の新聞を読み始め、それがその後習慣になった。

ハングル検定に向けて勉強したことが、その後、韓国語の勉強にとても生かされている。

どちらの試験も、真剣に合格に向けて取り組めば、韓国語の能力をパワーアップさせてくれる。

だから、受験する限りは、今の時点では無理だと思っても、全力で準備をして取り組むことだ。

過去問をくり返し勉強すれば、必ず合格点に到達すると思う。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

2016 おすすめの韓国ドラマを「無料」で見る方法

韓国旅行へ行くならこちらの記事が参考になります

韓国旅行 ソウルへ行くなら wifiを宅配(送料無料)で! 仁川空港より超格安 友だちと一緒なら さらにお得! 返却は帰国の翌日 ポストに入れるだけでOK

2016 韓国旅行 ソウルに「格安」で行く方法 絶対安いのはやっぱりピーチアビエーション 「タイムセール」を利用すると信じられないくらい安い

2016 韓国旅行 ソウル 「格安」で飛行機を予約する おすすめの方法

ホテルを格安で予約するなら

2016 韓国 ソウルへの旅行 「格安」ホテルの予約はこのサイトがおすすめ!「現地払い」なので安心 ホテル選びの最重要ポイントは絶対に「立地」






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ