韓国語のボキャブラリーを増やす! 「爆(ばく)買い」をどう訳しますか? 寿司のネタから始める韓国語「独学」大作戦



150927Korean-study



韓国語をある程度マスターすると、新たな難問にぶち当たる。


これを韓国語でどう訳すのか?


と悩む時だ。


たとえば、寿司屋のメニュー。

 コハダ

ってどう訳すの?


と考えだすと、寿司を食べていても落ち着かない。


だいたい、寿司屋のメニューは、韓国語に翻訳するのがやっかいなのが多い。


この時はまず、コハダを日本語で調べる。


いちばんいいのは英語訳。


その英語訳をこんどは韓国語に訳す。


そして、その韓国語を画像検索にかける。


それで、日本語でいう

 コハダ

に似たものが出てくればよし。
 

出てこない時は、もうひとひねり必要になる。


たとえば、寿司ネタでいうと、

 ぶり ハマチ


これらは韓国語に訳すとすべて

 방어


になる。


だから、最初は、ブリもハマチも

 방어

と訳してOK。というか、そう訳すしかない。



韓国語のボキャブラリーを負担なく増やすためには、まずは


 大きなくくりで覚える


というところが重要になる。


最初から厳密に覚えようとすると挫折してしまう。


ソンイルグクの三つ子(テハン・ミングク・マンセ)が、エビもうなぎも

 물고기  魚

と言っていたような感じだ。


だから、手はじめに、自分が好きな寿司のネタを韓国語でいえるようにする。


コハダが特に好きでなければ、スルーしていい。


コハダの韓国語を覚えるのは、メジャーなマグロやエビ、イカ、ウナギをマスターしてからでも遅くない。


ちなみに、コハダの韓国語は、전어 だ。



次に、今はやりの日本語をどう訳すか。


たとえば、

 爆買(ばくが)い


これは、この言葉をそのまま韓国語に訳すことはできない。


この言葉(行為)の「意味するもの」にフォーカスする。


【送料無料】 カシオ 電子辞書 「エクスワード(EX-word)」(韓国語重視モデル、100コンテンツ収録) XD-Y7600



150923Korean-tango-yomu


「爆買い」とは、すなわち

 一度に大量の商品を購入すること


そう考えて、

 한번에 많은 제품을 구입하다

ととりあえず、訳しておく。


だが、もっと洗練された通訳者は、爆買いを

 싹쓸이 쇼핑


と訳していた。



単語カードで韓国語マスター(入門単語編)


まさにぴったりの表現と、思わず膝を打つ。

この言葉は、2015年に、韓国で

  新語・流行語大賞

に選ばれたという。


意味は、日本語と全く同じだ。


싹쓸이とは、残らず買う、という意味をあらわす。


店に入り、棚の商品をぜんぶ買いつくすイメージだ。


ここまでの域に達することは、凡人にはむずかしい。


これは、韓国語の語感が、体にしみついていないと出てこない表現だ。

「ひらめき」のようなものというか。


同時通訳者には、このような洗練された感覚の持ち主がたくさんいる。

瞬時に、ぴったりの韓国語が出てくるために、日夜、たゆまない努力を続けているのだろう。


こういう「感覚的にぴったり」の言葉が出てくるようになるには、やはり、たくさん韓国語の小説を読むほかないと思う。


小説がいちばん語感をきたえてくれる。


反対にいうと、韓国語の小説を読まないでいると、いつまでたっても、「翻訳調の韓国語」からは脱皮できない、ということだ。




【送料無料】 カシオ 電子辞書 「エクスワード(EX-word)」(韓国語重視モデル、100コンテンツ収録) XD-Y7600



単語カードで韓国語マスター(入門単語編)








韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ